2015年5月 6日 (水)

2つの写真展に参加します

R_20150506_700

この春は何度も倒れそうになりました。

夫の転勤に伴って、3月中旬に宇都宮市から茨城県に引越したのですが、夫は3月初から単身赴任。引越し当日の朝にしか帰宅できないということで、私は幼児二人を連れての引越作業に大奮闘。その後も長男・次男を遊ばせつつ、新年度の名前書きをしつつ、引越しのお片づけ。

このGW前にようやく一息つけるようになりました。

さて、本題は作品発表のお知らせです。

この5月に2つの写真展に1作品ずつ出展します。
どちらも多くの写真家さんが参加している写真展ですので、素敵な作品に出会えること間違いなしです。是非お立ち寄りください。

第36回SSP展「自然を楽しむ科学の眼2015-2016」
 期間:2015年5月15日(金)~5月21日(木)
 時間:10:00~19:00(最終日は16:00まで)
 場所:富士フィルムフォトサロン(東京) ※大阪展は6/26(金)~7/2(木)
 巡回展の情報はこちら

オリンパスカメラによる写真展・写真家大集合
 期間:2015年5月9日(土)~5月20日(水)
 時間:11:00~19:00(最終日は15:00まで)
 場所:オリンパスプラザ東京(5/9より西新宿に移転) ※大阪展は6/12(金)~6/18(木)


今日の写真はハッチョウトンボ。
全長2cm程度の日本で一番小さなトンボです。
写真で見るとその小ささがわかりにくいのですが、1円玉に乗るサイズ、とよく紹介されていますね。
左側に咲いているチゴザサの花(小穂)が1mm~2mm程度ですので、一緒に写すとサイズの比較ができるかしら、と思いながら撮影したものです。
前述の第36回SSP展にはチゴザサとハッチョウトンボの別バージョンの作品を出展しています。

==========================
天明良恵 official website へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

趣味の畑 no.4~ジャガイモの花に蟻

R_20120602_600

こちらはジャガイモ(メークイン アンデス赤)の花にいた蟻です。
蜜を集めているのかと思ったのですが、なんとジャガイモの花には蜜腺がないそうで・・・。
アリさんは単なるお散歩だったのでしょうか?

さて、ジャガイモの花に思いを巡らしてみると、ジャガイモのジャガイモ部分は
地下茎で増えていきますから、花ってただの飾りよねぇ、と思っていました。
しかし、品種改良をする時などには花の後に出来た実や種を使うようですので、
ただの飾りではなく、「伝家の宝刀」と考えたほうが良いかもしれません。

メークインの花の後には実ができるそうなので、今年はジャガイモの実(種)というものを
観察してみたいものです。

(この画像の花はメークインではなく、アンデス赤です。詳しくは趣味の畑 no.5をご参照ください)

==========================
天明良恵 official website
↑こちらのHPの左サイドバー「ショップ / Shop」にて作品販売中。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土)

趣味の畑 no.3~てんとうむし meets テントウムシ

R_20120601_1_600t

先日、趣味の畑の様子を見に行くと、ジャガイモ(男爵)の花にナナホシテントウがいました。
さらに同じ房にナミテントウがいて、どうにか2匹を同時に撮影できないものかと
観察を続けていましたら、あわや接触!?というところまで接近してくれました。

R_20120601_2_600t_2

こちらはジャガイモ(メークイン)の花についていたテントウムシの幼虫です。

テントウムシは畑の益虫。
せっせとアブラムシを食べてくださいね。

==========================
天明良恵 official website
↑こちらのHPの左サイドバー「ショップ / Shop」にて作品販売中。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月30日 (日)

白い彼岸花にモンキアゲハ

R_20111030_1_600t

息子があんよをはじめたので靴を買いました。
靴を履いてのあんよを練習するために、実家の近くの森林公園に母と行ってきました。

するとそこには白い彼岸花が咲いていて、しかも黒いアゲハチョウが
ヒラヒラと舞っているではありませんか。

普段はやんちゃ盛りの息子から目を離すことができませんので、写真を撮りたい衝動を
一生懸命抑えているのですが、この時は母が息子の面倒を見ていてくれましたので、
久々に集中してカメラのシャッターを切ることができました。

R_20111030_2_600

この写真が撮れた瞬間、悶々としていた気持ちがパッと晴れました。

黒いアゲハチョウは皆クロアゲハだと思っていたのですが、
後に調べたところ、これは「モンキアゲハ」というそうです。

======================
天明良恵 official website
=======================================2011年9月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスPEN E-P1 M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月29日 (土)

アゲハチョウの観察

R_20111029_1_600

実家では母が次のようにこぼしていました。
「ベランダにあるミカンの木の葉っぱを食べる芋虫がいて、
しばらく前にたくさん退治したのに、まだ葉っぱがかじられている」

そこで私も見に行ったところ、確かに新しくかじられた跡がありました。

R_20111029_2_600t

かじった主を探してみると、いました。
なんとアゲハチョウ(ナミアゲハ)の幼虫でした。
母はアゲハチョウだと知らなかったそうです。

R_20111029_3_600t

さて、その後、アゲハチョウの幼虫が蛹になりました。
私と息子が陣取っている部屋の窓の外で蛹になってくれましたので、
羽化の観察ができるかもしれない!とワクワクしていました。

R_20111029_4_600t

ところが数日後。
朝起きて見たときはまだ緑だった蛹が、午前9時30分には黄色になっていました。
中身はもぬけのからです。

残念です。見逃してしまいました。

R_20111029_5_600

もしかすると猫のクロは見ていたのかもしれない、と思いました。

======================
天明良恵 official website
=======================================2011年9月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスPEN E-P1 M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

トンボ日記「水辺の詩」~田中博の世界~

R_20110730_3_600

弥彦温泉に宿泊した翌日は柏崎市立博物館で開催されている写真展を見に行きました。
『トンボ日記「水辺の詩」~田中博の世界~』は田中博さんが撮影された80種、100点の
トンボの写真が展示されています。

田中さんが2009年に開催なさった写真展『トンボの世界』で、その写真の美しさと
撮影技術に感動したのですが、今回の写真展はその後に撮影なさった作品もたくさんあり、
どっぷりと田中博ワールドに浸ることができました。
さらに、室内にはトンボの意匠の入った布や日用品、トンボの標本などが同時に展示され、
日本文化が古来よりトンボと深い関わりを持っていたことがよくわかります。

R_20110801_600

さて、こちらは私の自宅近所で撮影したアキアカネ(多分)。
ネジバナも少し枯れだしているし、トンボの羽も一枚足りません。
これでは「美しいトンボ写真」とは程遠い・・・と思い、
他の個体を探そうと思ったら、ベビーカーに待たせていた息子が泣き出しました。
もう少し息子が成長して、トンボ捕りができるようになるまでトンボ撮影はお預けですね。

===================
写真展のお知らせ
天明良恵 写真展「生命礼賛」-聖霊の島より-(オリンパスギャラリーのサイト)

-----------------
HPができました
天明良恵 official website
=======================================2011年7月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(携帯電話のカメラ,  オリンパスPEN E-P1 M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

トンボの季節は・・・

R_101011_600t_2

我が家の近所にはこの写真のノシメトンボがよく飛んでいて、ベランダや階段にもやってきます。
この日は公園の木の枝で小さな虫を食べているところでした。

絵やイラストの世界を考えると、トンボは秋のテーマで描かれていることが多い気がしますが、
実際には7月頃からよく見かけますね。
しかし、ノシメトンボの色柄と枯れはじめた木の葉の色がマッチしていたので、
今回はこれも“秋”のテーマに加えることにしました。

=======================================2010年10月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスPEN E-P1 M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6  撮影場所:茨城県)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日)

草むらウォッチング

R_100815_1_600

草刈をしているときに見つけた虫はセマダラコガネ。
ゴルフ場の芝生にとっては害虫だということですが、
触角の先端が三つに分かれているのが面白い虫でした。

R_100815_2_600sq

こちらは羽がボロボロにはなっていますが、花の蜜を吸っている最中のベニシジミ。

街まで出てウィンドウショッピングも良いですが、
近所での草むらウォッチングもなかなかに楽しいものがありますね。

=======================================2010年5月、6月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスPEN E-P1, M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6  撮影場所:茨城県)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土)

ゾウムシたち

R_100814_1_600

ゾウムシという虫がいます。
象のような鼻をしているから『ゾウムシ』と呼ばれるようになったそうですが、
その姿形をみると納得できます。

田舎暮らしを始めるまで、私は虫に対してそんなに興味を持っていなかったので、
『ゾウムシ』という虫がいることすら知りませんでした。
しかし、ちょっとその辺りの草むらや木に目を向ければ、
ゾウムシの仲間がたくさんいるのですね。

1枚目の写真はハスジカツオゾウムシでしょうか。

R_100814_2_600t

こちらは木の幹にいたオオゾウムシ(多分)。

R_100814_3_600t

そして交尾中だったのはオオシロモンサルゾウムシかしら?

なにしろゾウムシの仲間は日本国内だけで1000種類近くいるそうですから、
名前を調べるのも大変です。

ゾウムシの名前を調べていて気になったのが『コクゾウムシ』というゾウムシ。
保存しているお米を食べてしまうので、見つけたとしても喜べないゾウムシです。

近所の田んぼを見ながら、「そろそろ稲刈りだな。」と舌なめずりをしている今日この頃。
新米、玄米の保存には気をつけたいものです。

=======================================2010年5月、6月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスPEN E-P1, M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6,  
オリンパスE-3, ZUIKO DIGITAL ED50-200mmSWD F2.8-3.5 撮影場所:茨城県)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

わかりやすいシルエット

R_100813_600

寝苦しい夏の夜。
ふと窓の外に目をやると、ベランダの手すりに大変わかりやすいシルエットを発見しました。

=======================================2009年8月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-620  撮影場所:茨城県)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧