その他

2015年5月 6日 (水)

2つの写真展に参加します

R_20150506_700

この春は何度も倒れそうになりました。

夫の転勤に伴って、3月中旬に宇都宮市から茨城県に引越したのですが、夫は3月初から単身赴任。引越し当日の朝にしか帰宅できないということで、私は幼児二人を連れての引越作業に大奮闘。その後も長男・次男を遊ばせつつ、新年度の名前書きをしつつ、引越しのお片づけ。

このGW前にようやく一息つけるようになりました。

さて、本題は作品発表のお知らせです。

この5月に2つの写真展に1作品ずつ出展します。
どちらも多くの写真家さんが参加している写真展ですので、素敵な作品に出会えること間違いなしです。是非お立ち寄りください。

第36回SSP展「自然を楽しむ科学の眼2015-2016」
 期間:2015年5月15日(金)~5月21日(木)
 時間:10:00~19:00(最終日は16:00まで)
 場所:富士フィルムフォトサロン(東京) ※大阪展は6/26(金)~7/2(木)
 巡回展の情報はこちら

オリンパスカメラによる写真展・写真家大集合
 期間:2015年5月9日(土)~5月20日(水)
 時間:11:00~19:00(最終日は15:00まで)
 場所:オリンパスプラザ東京(5/9より西新宿に移転) ※大阪展は6/12(金)~6/18(木)


今日の写真はハッチョウトンボ。
全長2cm程度の日本で一番小さなトンボです。
写真で見るとその小ささがわかりにくいのですが、1円玉に乗るサイズ、とよく紹介されていますね。
左側に咲いているチゴザサの花(小穂)が1mm~2mm程度ですので、一緒に写すとサイズの比較ができるかしら、と思いながら撮影したものです。
前述の第36回SSP展にはチゴザサとハッチョウトンボの別バージョンの作品を出展しています。

==========================
天明良恵 official website へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月15日 (月)

森林公園サイクリングと写真講座の体験フェア

R_20141215_600t


あっという間に季節はもう冬になってしましました。
朝は氷点下の日々が続き、今朝はついに北側の部屋の窓の結露が凍りました。
氷が融けないと窓が開きません。

さて、秋も終わりの頃、長男を連れて森林公園のサイクリングコースに行ってきました。
美しい紅葉を見ながら、赤川ダムの周囲1.5kmの平坦なコースを親子でチャリチャリ。
とても気持ちのよいものでした。

つい数ヶ月前に補助輪がはずれた長男もスイスイのコースで、家族連れもたくさん。
大人用はもちろん、子供用のレンタサイクルも充実していて、補助輪つきもありました。
街中ではなかなか自転車の練習ができないので、幼稚園のママ友さん達にも
ぜひお勧めしたいスポットです。

私はママチャリを借りて、長男を追いかけながらのカメラ片手持ち流し撮りにチャレンジ。
通常、流し撮りと言えば横向きの動きなのですが、今回は被写体も私も前へ進んでいます。
イメージどおりのジャスピンはなかなか難しいものがありますね。
この日の目的は長男の自転車の練習なので、真剣モードになりたい気持ちを抑え、
ひとまず「それっぽい」ものが撮れたところでカメラはカバンへポイ。

=========================================

さて、写真講座の体験フェアがあります。
10月から よみうりカルチャー宇都宮 にて写真講座(全6回)をしておりますが、
その最終回の12月24日(水)が受講料1,080円で参加できます
1月期からの講座を申し込もうかどうか迷っている方は是非お問い合わせください。 
   問い合わせ先:tel 028-636-1818 e-mail utsunomiya@ync.ne.jp

1月期の写真講座のテーマ、日程は以下のとおりです。
テーマ:『デジタル一眼で撮る「可愛い孫と子供の写真」』
日 時:2015年1月~3月の第2・4水曜日13:00~14:30の計6回
     (詳細はリンクをご覧ください)
場 所:よみうりカルチャー宇都宮 
問い合わせ先:tel 028-636-1818 e-mail utsunomiya@ync.ne.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月16日 (火)

この夏、最後の水遊び

R_20140916_600t

一昨日、家族で「なかがわ水遊園」に行ってきました。
水の広場は9月24日までオープンしていますが、栃木県はもう秋の気配。
この夏の水遊びはそろそろお終いです。

もうすぐ4歳になる長男の関心は、水遊びからとちの実やどんぐりなどの
木の実拾いに移っている様子。

そして次男のあんよが上手になり、坂道や階段が大好きなお年頃。
小石やゴミを口に入れたりするので、お散歩中は片時も目が離せません。
長男もそうだったなぁ、と昔を懐かしんだり、今を楽しんだりしています。


=========================================

さて、引き続き写真講座のご案内です。
10月から よみうりカルチャー宇都宮 にて写真講座をします。

テーマは『デジタル一眼で撮る「可愛い孫と子供の写真」』です。

2014年10月~12月の第2・4水曜日 13:00~14:30の計6回で
カメラの基本操作の説明をしながら、子供の写真を撮るための技術とコツなどを
お伝えしていこうと思います(詳細はリンク先をご覧ください)。

私はこのブログやSNS上で子供たちの顔が写っている写真を掲載していませんので、
講座受講の参考までに「天明さんが撮った子供の写真が見たい!」と言う方は
ぜひ事前説明会にいらしてください。
スクリーンにて、いきいきとした子供たちの写真をご紹介したいと思います。

『デジタル一眼で撮る「可愛い孫と子供の写真」』 事前説明会
 9月24日(水) 13:00~14:00 

 場所:よみうりカルチャー宇都宮 
 問い合わせ先:tel 028-636-1818 e-mail utsunomiya@ync.ne.jp

講座の開講が決まり、事前説明会は中止になりました(9/20追記)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 2日 (火)

写真講座のご案内と2014夏の思い出~スイカ

残暑お見舞い申し上げます。
子どもたちの夏休みが終わり、ホッと一息ついているお母さん方が多いと思いますが、
私も長男の幼稚園が始まり、やっとブログの更新ができる状況になりました。

まずは写真講座のご案内から。
10月から よみうりカルチャー宇都宮 にて写真講座をします。

テーマは『デジタル一眼で撮る「可愛い孫と子供の写真」』です。

2014年10月~12月の第2・4水曜日 13:00~14:30の計6回で
カメラの基本操作の説明をしながら、子供の写真を撮るための技術とコツなどを
お伝えしていこうと思います(詳細はリンク先をご覧ください)。

私はこのブログやSNS上で子供たちの顔が写っている写真を掲載していませんので、
講座受講の参考までに「天明さんが撮った子供の写真が見たい!」と言う方は
ぜひ事前説明会にいらしてください。
スクリーンにて、いきいきとした子供たちの写真をご紹介したいと思います。

『デジタル一眼で撮る「可愛い孫と子供の写真」』 事前説明会
 9月24日(水) 13:00~14:00 

 場所:よみうりカルチャー宇都宮 
 問い合わせ先:tel 028-636-1818 e-mail utsunomiya@ync.ne.jp

講座の開講が決まり、事前説明会は中止になりました(9/20追記)。

====================
さて、2014年の夏は家庭菜園で小玉スイカの栽培にチャレンジしてみました。
 

R_20140902_1_600t

6月23日に雌花に受粉をしました。
受粉に成功すると、この上を向いた子房が下を向き、どんどん大きくなります。
数日経っても「どんどん」大きくならない場合は失敗です。
この写真の雌花は受粉に失敗しましたが、6月25日に受粉したものが成功しました。

R_20140902_2_600t

そして積算温度が750度を超えた7月29日の朝、いよいよ収穫の時が来ました。
長男が前日から収穫を楽しみにしていて、起床するなり「スイカをとる!」とパジャマのまま
外に出たのが6:30a.m.でした。

スイカが落ちないようにネットで吊るしてあったのですが、
写真を撮っている最中につるが重みに負け、スイカがドスン!と下に落ちました。

R_20140902_3_600t

「あっ!」「アッ!」と二人とも声をあげましたが、長男は割れた隙間から見える
赤いスイカの実ににんまり。
「早く食べよう!早く食べよう!」と冷蔵庫で冷やす間もなく
(次男と一緒に)ペロリと食べてしまったのでした。

1株から3個作る予定の小玉スイカでしたが、結局は2個しか実がつきませんでした。
それでも、毎日のように「スイカが大きくなった!」と楽しんでいる子供たちの姿に、
私もご近所さんも大満足なのでした。

==========================
天明良恵 official website

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月20日 (木)

カプラと育児の備忘録

R_20140320_700

我が家にはカプラ(KAPLA)という積み木があります。
昨年はナイアガラの滝などを作って長男と遊んでいましたが、
今年はデザインブックの中から「これ作って!」と言われることが多くなりました。
幼稚園登園前の時間に「朝の忙しいときに勘弁してよ・・・」と思いますが、
私もカプラが好きですから、「カプラの真髄はね、集中力!」
と長男に言いながら作ったりしています。

さて先日、宇都宮共和大学の牧野カツコ先生(子ども生活学部学部長)のお話を聞く機会がありました。

牧野先生は母親の心理、特に「育児不安」について長い間研究をなさっていたということで、
非常に興味深いお話をしてくださいました。

育児不安の少ない母親の特徴
①父親が育児に協力的である(と母親が感じている)
②母親のネットワーク(交友関係)が広い→相談できる相手がいる

3つ目があったような、なかったような・・・忘れてしまいました(笑)

そして、子供が泥んこ遊びをしているとき、雨の中で走り回っているときに、
洋服が汚れるから、濡れるからといって、やめさせるのは大人の都合であること。
親が我が子の幼児期に自然に親しむことを妨げておいて、
学童期になったとたんに理科に親しんでほしいというのはおかしなこと。

また「子どもが忌避される時代―なぜ子どもは生まれにくくなったのか/本田和子 新曜社」という本とその内容をご紹介くださいました。

この本は新聞かなにかの書評で私も概要は知っていたのですが、改めて時間があるときに読みたいと思いました。

さて、帰宅して机の上の書類の山の中から、近所の小学校の「小学校だより」のコピーを
探し出しました。

そこには次の引用文があって、数ヶ月前に読んだときに「なるほど」と思ったのでした。

================

子どもは、あらさがしをされながら生きていると、人を責めることを覚える。

子どもは、敵意にさらされて生きていると、戦うことを覚える。

子どもは、あざけられながら生きていると、恥ずかしがりを覚える。

子どもは、おそれにさらされて生きていると、心配性になることを覚える。

子どもは、辱められながら生きていると、罪悪感を覚える。

子どもは、寛容に扱われていると、辛抱強さを覚える。

子どもは、勇気づけられながら生きていると、自信をもつことを覚える。

子どもは、受け入れられて生きていると、愛することを覚える。

子どもは、認められて生きていると、目標をもつことはいいことだと覚える。

子どもは、誠実に扱われて生きていると、真実とは何かを覚える。

子どもは、公正に扱われて生きていると、正義を覚える。

子どもは、安心して生きていると、自分自身や周りの人への信頼を覚える。

子どもは、優しくされて生きていると、

       世界が生き、愛し、愛されるためのすてきな場所だということを覚える。

(引用文献 Dreikurs,R. & Cassel, P. Discipline without tears.)

============

そんなこんなで、毎朝の日課となっている泥んこの洋服の下洗いも頑張れているわけです。

==========================
天明良恵 official website

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土)

馬のドアノッカー(新春のご挨拶)

R_20140101_600t

明けましておめでとうございます。

昨年のお正月は身体的に全く余裕がなく、ブログの更新もできずにいましたが、
今年は松の内に新年のご挨拶を掲載することができました。

この馬のドアノッカーは、私が結婚した時に友人がプレゼントしてくれました。
馬蹄には幸福を呼ぶという言い伝えがあります。

馬蹄に新春のご挨拶を重ねまして、皆様のご多幸とご健康をお祈り申し上げます。

==========================
天明良恵 official website

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月10日 (火)

クリスマスツリーと育児

R_20131210_600t

自宅前のクリスマスツリーの飾り付けが終わりました。

宇都宮市では出生記念樹がいただけるので、我が家はクリスマスツリーにするべく、
次男の記念樹に鉢植えのコニファー(ゴールドクレスト)をいただきました。

そして12月になってから毎朝、長男と2、3個ずつ飾りを増やしていきました。
一度に飾れば10分足らずのことですが、毎朝の着替えを嫌がってぐずぐずする3歳児に
「お着替えして、ツリーに飾りをつけに行こう!」という作戦でした。

夫が出張で不在の一週間がこのツリー作戦で無事に終わってホッとしているところです。

あっという間に次男も6ヶ月になり、離乳食がはじまりまりました。
そんなこんなで、引越しに始まった2013年も、もうすぐ暮れようとしています。

皆さんもお忙しい年末年始かと思いますが、寒さも厳しくなってきましたから、
暴飲暴食をお控えなさって、くれぐれもご自愛くださいませ。

==========================
天明良恵 official website

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

お食い初め

R_20131001_600t

9月下旬に次男のお食い初めをしました。
ということは、生まれてから100日が過ぎたのですね。
首もしっかりすわって、早いことに下の前歯が二本生えてきました。

さて、次男のお食い初めのメニューは次のようにしました。

① 鯛の姿焼き(スーパーで買ってきた鯛のウロコと内臓をとり、塩をふって姿焼き)
② 赤飯(近所のお餅屋さんに注文)
③ 煮物(椎茸、蓮根、人参)・・・人参は馬の形に型抜きしました
④ 香の物(白菜の漬物、梅干)
⑤ お吸い物(しじみのインスタント)
⑥ 紅白餅(近所のお餅屋さんに注文)
⑦ 歯固めの小石3つ(お宮参りの時に神社で拾ったもの)

お餅屋さんに「紅白餅は小石の代わりとして用意する人が多い」と聞いたので、
今回のメニューは小石と餅がかぶってしまっています。
しかし、、長男のお食い初めの時にも紅白餅と小石があったので、
些細なことにはこだわらず、家族で次男の健やかな成長をお祝いしたのでした。

==========================
天明良恵 official website

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月10日 (水)

あっという間に生後1ヶ月

R_20130620_600t

今日の写真は生後3日目に撮った、次男の手です。
おかげさまで、6月上旬に元気な男児を出産しました。

今回の出産は、3,700g弱という大柄の赤ちゃん、かつ回旋異常。
二人目だから「スルンポン!」を願っていたのですが、
想像もしていなかったほどの大変なお産になってしまいました。

産後の身体はボロボロで、もう普通の生活には戻れないのでは・・・と泣いたりもしましたが、
1ヶ月経ってようやく身体が元に戻りつつあると実感できるようになりました。

今は長男の赤ちゃんがえりと次男への攻撃に手を焼いていますが、
長男の態度はいたって正常な反応だとは思いますので、イライラしつつもホッとしたり、
泣いたり、笑ったり、怒ったり、の日々を送っています。

猛暑が続いていますが、皆様も熱中症にはお気をつけてご自愛ください。

==========================
天明良恵 official website

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月29日 (水)

引越、入園、そしていよいよ出産!?

R_20130529_1_600

皆様こんにちは。前回のブログの更新からなんと4ヶ月が過ぎてしまいました。

その間、何をしていたかといいますと、2月末に夫の転勤に伴って茨城県から
栃木県の宇都宮市に引越しをしました。
その時点で私は妊娠6ヶ月。
さすがに引越準備や後片付け(まだ片付いていませんが)、でお腹はハリハリになり、
横になりたくても2歳の長男の容赦ない「遊んで!起きて!」攻撃を受け、
本当に3月はどうやって過ごしていたのか、よく頑張ったとしか言いようがありません。

さて、宇都宮市といえば人口が50万人近い北関東の中核都市。
のんびりした田舎暮らしに別れを告げて都会生活をするのか・・・、
と少々寂しく思いながら引越しをしました。

しかし郊外にある新居の裏手の空き地で見つけたものは、土から顔を出した
アスパラガスでした。
栃木県はアスパラガスの主要な産地なのですね。
よく苗が流通しているので、以前に住んでいた人が植えていたようです。
アスパラガスは株の状態になって、10年ぐらいは収穫できるということです。
暖かくなってからは、空き地のあちらこちらから放棄されたアスパラガスが
ニョキニョキと顔を出してきました。


R_20130529_2_600t_2

茨城県の田舎暮らしで家庭菜園の楽しみを知った夫は、
「宇都宮では畑は無理かな・・・」と畑道具をほとんど処分してきました。
しかし嬉しいことに、新居の横に近所の方々が家庭菜園を楽しんでいる畑がありました。
畑の脇に咲いていた菜の花に近づいて良く見てみると、
菜の花ではなくて、放棄されたカブの花が咲いていたのでした。
野菜を眺めるのが大好きな息子は「カブ!カブ!」と大興奮。

夫も思いがけず家庭菜園を再開することができ、スナップエンドウ、里芋、大根、トマト、
きゅうり、カボチャ、ジャガイモ、ネギ、ニラ、ニンニクなどを植えて楽しんでいるようです。

R_20130529_3_600t

それにしても、身重の身体で毎日2歳児の相手をするのは大変です。
時には夫と息子が近所で掘ってきたタケノコを「皮をむいても、むいても皮だね!」
という遊びをしたりしました。

R_20130529_4_600t

できるだけ体力を使わずに遊ぼうと、自宅前の土がむきだしになっている場所に、
一緒に野菜や花の苗・球根を植えたり、種を撒いたりもしました。

もちろん、引越の荷解きは全く進まず、一部屋をダンボールが埋め尽くしている状態、
出産準備もできない状態にイライラしつつもどうにもできない毎日でした。

そして、4月中旬から息子が2歳児を受け入れている幼稚園に入園!
早起きして、お道具や洋服の名前書きをしたり、袋を縫ったりする生活をしているうちに、
気がつけばゴールデンウィークになっていました。

私の身体も遠出をできる状態ではなかったので、GWは夫に育児を任せて、
やっと引越の荷解きを概ね終えることができました。
あと6~7箱残っているのですが、これからボチボチ・・・片付くかしら?

昨日の妊婦健診では、お腹の中の第二子は3,000g近くまで成長しているということで、
もういつ出てきてもおかしくありません。
正直言って家の中を歩くのも一苦労なのですが、先週から慌ててベビーベッドを
組み立てたり、新生児の肌着を洗ったりしています。

そんなこんなで来月にはいよいよ出産!
どうぞ暖かく見守ってくださいね。

==========================
天明良恵 official website

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧