« マスクを作ってみた No.27(裏側の布をチラ見せデザイン) | トップページ | マスクを作ってみた No.29(白マスクにカラーのミシン糸) »

2020年5月 2日 (土)

マスクを作ってみた No.28(失敗だってある)

【本日の試行錯誤】

1.白の綿100%未使用シーツで立体マスクを手作り。

2.3層は難しそうだったので、表2枚重ね、裏2枚重ねの4層構造。

3.世間的に白いミシン糸が品薄ということで、あえてカラーのミシン糸で縫う。

028_1_
このシーツはさらし程度の厚みがあります。
表裏の生地をそれぞれ2枚重ねにすると、中央カーブの縫い代が4枚と厚くなりすぎて、片側に倒すことができませんでした。
そこで両開きにして、中央をジグザグミシン。

完成して、お肌にあててみると、ジグザグミシンをかけた糸が鼻筋にあたって、非常に痛いです。
1時間ぐらいで肌に擦り傷ができてしまうほどの摩擦です。

完全に失敗マスクです。
4枚重ねも厚すぎました。

仕方なく、庭でモルタル作業をする際の使い捨てマスクにしようと、痛い部分はチロリアンテープで補修。

028_2_
裏側からみると、痛かった部分(チロリアンテープを縫い付けた箇所)がよくわかります。

今回は失敗マスクですが、「失敗は成功のもと」と言いますね。
この失敗マスクを作ったことで「ああ、そうだ」とひらめいた事があり、私のマスク作りも新たな展開を見せました。

つづく

|

« マスクを作ってみた No.27(裏側の布をチラ見せデザイン) | トップページ | マスクを作ってみた No.29(白マスクにカラーのミシン糸) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マスクを作ってみた No.27(裏側の布をチラ見せデザイン) | トップページ | マスクを作ってみた No.29(白マスクにカラーのミシン糸) »