« マスクを作ってみた No.34(ホヌ&モンステラ柄~接着芯使用) | トップページ | マスクを作ってみた No.36 (アミナコレクションのマルチクロス) »

2020年5月14日 (木)

マスクを作ってみた No.35 (ホヌ&モンステラ柄~3層マスク)

【本日の試行錯誤】

1.No.34のマスクで使ったホヌ&モンステラ柄の生地(綿100%ブロード)で3層の立体マスクを手作り。

2.表と裏はホヌ&モン柄、中は化繊(ポリエステル100%のアムンゼン?)を使用。

3.ゴムは使わず、カラー紐(オフホワイト)を使用。

4.カラー紐の端はカラーのミシン糸でほつれ止め。

033_5_3
マスク本体の見た目はNo.34とほぼ同じですが、接着芯を使わない方が、鼻から頬にかけての肌あたりがやわらかです。

 

033_7_3
3層マスクでコの字縫いをしたことがなかったので、裏も表と同じ生地を使って、両脇は三つ折りにしました。
私は、三つ折りは表に返してタグを縫い込んでいますが、お好みで表と裏を逆にしても使えます。

大抵の人は三つ折りは内側に縫うと思いますが、赤ちゃんの洋服は縫い目が外側にあるのが多いから、お肌のことを考えて外側に出そう、と思ったのがきっかけです。
その後、私のようなおばちゃんになると、起床して顔についたシーツのしわの跡がとれるのに時間がかかる、ということもあり、「おばちゃんはマスクの折り目の跡が顔に残っちゃうのかしらね…」などとも思ったり。

 

033_3_3
さて、3層にすると、中の布が見えないので、写真に撮っておきました。
重ね方はNo.32(三層の立体マスクの作り方 後半)をご参照ください。

 

033_4_
中に使っている布は、以前、親戚にいただいて家にあったもの。
おそらくポリエステル100%のアムンゼンという生地ではないかと思います。
厚みがある割には軽く、表面に細かい凸凹があります。
ポリエステルはマイナスに帯電し、大抵のウイルスはプラスの電荷を帯びている(注1)そうですから、静電バリアとして機能してくれたらいいなぁ~、などと考えました。

(注1)「手作りマスク、アベノマスク、市販マスク・・・その「効果」を徹底比較した!(現代ビジネス)」の記事より

 

033_6_
さて、カラー紐の先がほどけないようにカラーのミシン糸で縛るのは、No.15(甚兵衛マスク)で試した方法ですが、今回は紐の先端も折り込んで縛ってみました。
紐を結ぶ場所にあたりをつけるための小さなヘアゴムについては、その後「このゴムをストッパー代わりだと思えば、このままでいいじゃないの」という気持ちになっています。
その日の体調や作業にあわせて、紐の長さをきつめ、ゆるめにできますし、透明なのでデザインを損なうこともありません。

小学校の低学年だと紐マスクが大丈夫かどうかまだ試していませんが、私はゴムより紐タイプのほうが気に入っています。

つづく

|

« マスクを作ってみた No.34(ホヌ&モンステラ柄~接着芯使用) | トップページ | マスクを作ってみた No.36 (アミナコレクションのマルチクロス) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マスクを作ってみた No.34(ホヌ&モンステラ柄~接着芯使用) | トップページ | マスクを作ってみた No.36 (アミナコレクションのマルチクロス) »