« マスクを作ってみた No.9(No.7西脇先染+No.8本藍染) | トップページ | マスクを作ってみた No.11(タイの布) »

2020年4月 8日 (水)

マスクを作ってみた No.10(甚兵衛)

【本日の試行錯誤】

1.暑がりの次男のために、甚兵衛(綿100%)の生地で立体マスクを手作り。

2.ゴムは我が家の定番、ソフトゴム8コール。

3.子供でも立体マスクの上下、裏表がわかるように工夫。

4.大人用の型紙のあご側のラインを1㎝内側にする事で、子供用(小学生)のサイズにする(横幅はそのまま)。

010_1_

この甚兵衛の生地は青海波の模様が上下どちらでもいいようにプリントされています。
表の目立つ位置の青海波の山が上向きになるように柄を配置しました。

次男に、どっちが上かわかるか質問したら、「お山が上」と答えたので、大丈夫だと思いました。
上下がわかりにくい生地で作る場合は、リボンやワッペンで目印をつける方法もありますね。

010_2_

今までは、マスクの裏面も柄が出るように縫い合わせていましたが、子供でもわかるように、柄が隠れるように縫い合わせました。
正面の折り返し部分は布の裏が出てきますが、今回は柄が薄く透けて見えるので、デザイン的に違和感はありません。

梅雨のじめじめした時期、夏の暑い時期にマスクをするのは、大人でもちょっとどうなるのか想像がつきません。
肌荒れが増えるのか、暑すぎてマスク拒否症の子供が増えるのか、どうなるのでしょうね。

つづく

 

|

« マスクを作ってみた No.9(No.7西脇先染+No.8本藍染) | トップページ | マスクを作ってみた No.11(タイの布) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マスクを作ってみた No.9(No.7西脇先染+No.8本藍染) | トップページ | マスクを作ってみた No.11(タイの布) »