« マスクを作ってみた No.4(綿ローンとお揃いシュシュ) | トップページ | マスクを作ってみた No.6(てぬぐい) »

2020年4月 2日 (木)

マスクを作ってみた No.5(ポリちりめん)

【本日の試行錯誤】

1.ちりめん生地(多分ポリエステル)で立体マスクを手作り。

2.ゴムは我が家の定番、ソフトゴム8コール。

005_1_

005_2_

他のマスクのように立たせて撮影することができません。
今までのマスクは、裁断前の布にアイロンをかけた後は、まち針を使わずノーアイロンで仕上げることができていましたが、この生地では、まち針を使いました。

3.弾力性がある布なので、鼻側とあご側におさえのミシン。

005_5_

005_4_ 

このおさえミシンがないと、縫い目に近い生地が内側に丸まってしまいます。
綿100%マスクでも、おさえミシンを全体にかけている方もいらっしゃいますね。
私はおさえミシンがないほうが、好みです。
マスクの端がふわっとしていて、顔とマスクの隙間が少なくなるのと、糸と手間も節約できます。
ですので、今回のおさえミシンも3cmほどの最低限の長さにしました。

とても縫いにくく、時間もかかったので、この生地ではもうマスクを作ることはないだろう、と思っていました。

しかし、今朝のNHKニュースで、岩手県大船渡市の綾里小学校の入学式の映像を見ました。
袴で入学式、が伝統だそうで、今年度は子供たちが袴にマスクをしています。
しかも、みんな袴に似合ったデザインの和柄マスクです。

立体マスク、というよりはプリーツマスク。
ちりめんのような弾力性がある布は、プリーツマスクの作り方でも立体マスクみたいにふわっとなるかもしれない、と思ったのでした。
そのうち、チャレンジしてみます。

つづく

|

« マスクを作ってみた No.4(綿ローンとお揃いシュシュ) | トップページ | マスクを作ってみた No.6(てぬぐい) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マスクを作ってみた No.4(綿ローンとお揃いシュシュ) | トップページ | マスクを作ってみた No.6(てぬぐい) »