« 夏休みの思い出(にじいろのさかな) | トップページ | マスクを作ってみた No.2(ワッフル) »

2020年3月29日 (日)

マスクを作ってみた No.1(オックス)

これだけ新型コロナウイルスの感染が拡大してきますと、外出時のマスクは必須となります。
とはいっても、マスクはなかなか売っていないですし、もしあったとしても、医療機関の方に優先的に配布してほしいと思います。

それでは、手作りマスクだね!と思って手芸用品店に行っても、ガーゼは品切れです。
ないもので工夫をするのが頭の使いどころ。

というわけで、しばらく手作りマスクについて試行錯誤してみることにしました。

【本日の試行錯誤】
1.立体マスクが息がしやすいので、立体マスクを徹底的に極める。
2.作業のしやすい型紙を作る。

001_3_

一般的には左半分だけの型紙がネットでダウンロードできますが、
工作用紙で左右対称に作って、中央部分を少し長くしました。
これで2枚の型をとれば、表裏部分の布が用意できます。
左右がバラバラにならず、カーブを先に縫ってから中央部分を裁断。
作業のスピードアップにもつながりますので、たくさんマスクを作るのには便利です。

3.布はオックス生地を使用。
4.ゴムはソフトゴム8コール。

001_1_

オックス生地は硬さはあるものの、私のような面の皮の厚い40代オバサンなら全く問題なし。
家に端切れがたくさんあるのと、可愛い柄も多いので、私用ならオックス生地でよいです。
我が子は肌が弱いので、子供用は別途検討。
ゴムはソフトゴムで耳は全く痛くなりませんでした(4時間ほど着用)。

5.裏面も同じオックス生地。

001_2_

ゴムを通す部分の折り返しは表側に出したほうが顔にフィットします。
裏を柔らかい別の布で作ると、表側に折り返した時にデザイン的にイマイチ…。
今後の課題とします。

次回につづく。

|

« 夏休みの思い出(にじいろのさかな) | トップページ | マスクを作ってみた No.2(ワッフル) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏休みの思い出(にじいろのさかな) | トップページ | マスクを作ってみた No.2(ワッフル) »