« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

ホソスジマンジュウイシモチ発見!!

R_100630_1_600t

浅瀬にある階段に戻ってきました。

おや?何かいますよ。
一瞬、マンジュウイシモチかと思ったのですが、微妙に柄が違うので帰国して調べたところ、
ホソスジマンジュウイシモチでした。

R_100630_2_600

じーっと見つめていると、ホソスジマンジュウイシモチたちも私をじっと伺っている様子でした。
少しずつ近づいていくと、「スススーッ」と隣の柱に移動してしまったのですが、
そこでまたじっとしているので、また少しずつ近づいていきました。

彼らには他者に対して「そこまでは我慢できるけれど、それ以上はダメーッ!」
という距離というものがあるようで(当然のことですが)、
「ここならどうだ?もう少し行けるか?」とその距離を縮めては隣の柱に移動される、
ということを繰り返しながら、しばらくホソスジマンジュウイシモチと遊びました。

これはなかなかに楽しかったものですから、カパライ島に滞在する人にはお薦めしたいです。

=======================================2010年1月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスμTOUGH-8000 撮影場所:マレーシア、カパライ島)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月29日 (火)

生き物を探せ!

R_100629_1_600

水深1mほどの場所をスノーケリングしながら、生き物を探していきました。
まずはサンゴを住処にしている小魚たち。

R_100629_2_600

桟橋の足の下には小さなブルースポッティッド・スティングレイ(Bluespotted Stingray)が
隠れていましたよ。

=======================================2010年1月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスμTOUGH-8000 撮影場所:マレーシア、カパライ島)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

水上からでもこれだけ見えるのですから

R_100628_1_600

カパライ島は水上リゾートですから、桟橋の下を覗き込むとたくさんの生き物が見えます。

R_100628_2_600

ハナミノカサゴが悠々と泳いでいきました。

ダイビングはキャンセルしましたが、日差しの暑いこの時間帯はやはり海遊びが一番ですね。
というわけで、少しスノーケリングをすることにしました。

=======================================2010年1月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスPEN E-P1, M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 撮影場所:マレーシア、カパライ島)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

計画は保守的に

R_100627_600

翌朝、干からびたカニを発見。
海の色とのコントラストが美しいですね。

リゾートを発つのはランチの後なので、予約したスケジュールではこの日の午前中も
2本のダイビングが可能なのですが、翌朝の飛行機への搭乗時間や、
数日に渡って1日に4~5本潜っていたこと、疲れ具合などを考慮して、
ダイビングはキャンセルしてのんびり過ごすことにしました。

=======================================2010年1月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスPEN E-P1, M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 撮影場所:マレーシア、カパライ島)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

カパライ・ダイブ・リゾート最後の夜

R_100626_1_600t

いよいよリゾート最後の夜になりました。
雨季ということもあり、夕焼けは期待していなかったのですが、
そもそも、夕焼けの時間帯はいつも桟橋ダイビングに行ってしまいます。
夕焼けが美しい季節はどちらをとるか悩みが増えることだろう、と思いました。

R_100626_2_600t_2

どこをどう撮っても絵になるリゾートですね。

=======================================2010年1月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスPEN E-P1, M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 撮影場所:マレーシア、カパライ島)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

壷になったセンジュイソギンチャク

R_100625_1_600t

リゾートの散策を終えて、夕方の桟橋ダイビングに行きました。
この時間はセンジュイソギンチャクが壷状になっています。
隠れる場所が狭くなったカクレクマノミたちは困っていました。

R_100625_2_600t

困っている姿もかわいらしいものです。

=======================================2010年1月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスμTOUGH-8000 撮影場所:マレーシア、カパライ島)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

カパライ・ダイブ・リゾートを散策 no.3

R_100624_1_600t

スタッフの住居エリアを抜けたところに白砂を敷いたロマンチック・ゾーン(勝手に命名)が
ありました。

R_100624_2_600_2

数年前に来たときにはなかったエリアだと思います。
カパライ・ダイブ・リゾートは少しずつ拡張しているようです。
椰子の木の成長が楽しみですね。

R_100624_3_600t

せっかくのロマンチック・ゾーンですから、夫と記念写真をパチリ。

=======================================2010年1月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスPEN E-P1, M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 撮影場所:マレーシア、カパライ島)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

カパライ・ダイブ・リゾートを散策 no.2

R_100623_1_600

水上に作られたリゾートですが、その規模はとても大きく、
歩いて見て回るだけで1時間近くかかります。

R_100623_2_600t

スタッフの中には住居エリアからレセプションエリアまで自転車で通勤している人もいました。

=======================================2010年1月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスPEN E-P1, M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 撮影場所:マレーシア、カパライ島)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

カパライ・ダイブ・リゾートを散策 no.1

R_100622_1_600t

カパライ・ダイブ・リゾート(Kapalai Dive Resort)に帰ってきました。
前日までずっと曇りでしたが、この日は青空になったのでリゾートの散策に出かけました。

R_100622_2_600t

各施設をつなぐ桟橋には花がたくさん咲いていて、どこも手入れが行き届いていました。

=======================================2010年1月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスPEN E-P1, M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 撮影場所:マレーシア、カパライ島)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

最後はやっぱりアオウミガメ

R_100621_600

バラクーダの群れにも再び出会い、岩の隙間から身体を出していたアオウミガメに挨拶をして、
シパダン島でのダイビングは終了。

満面の笑みを浮かべた私たちを乗せたボートはカパライ島に戻って行きました。

=======================================2010年1月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスμTOUGH-8000 撮影場所:マレーシア、シパダン島)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

何度潜っても飽きないポイント

R_100620_1_600t

ニゴニゴでもギンガメアジの群れは圧巻です。
ラストダイブでも見ることができて、嬉しい限りです。

R_100620_2_600t

シパダン島に潜った2日間での合計8ダイブ中、5ダイブがシパダン島の
ダイビングポイントNO.1のBarracuda Point でした。
もちろん潮の流れは変化しますから、コース取りは違います。

しかし、これだけ連続して潜っても飽きないポイントというのは、
世界の海広しと言えども、なかなかあるものではありません。

=======================================2010年1月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスμTOUGH-8000 撮影場所:マレーシア、シパダン島)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

シパダン島でのラストダイブ

R_100619_1_600t

さて、時計はまだお昼の12:00ですが、本日のダイビングも4本目となりました。
シパダン島でのラストダイブです。

海中の生命活動が活発になってきたせいか、透明度がぐんと落ちてニゴニゴしていました。

浅瀬で地味なマダラタルミの群れに遭遇。
大きな魚なのに、群れなのに、地味です。地味すぎます。
マダラタルミが悪いわけではないのですが、遭遇したときの喜びが少ない魚というのもいます。

R_100619_2_600

沖縄や東南アジアの海ではおなじみのクマザサハナムロの群れは珍しくもありませんが、
蛍光水色が美しいので好きです。
通常は青系の体色をしていますが、陸で見たり、寝ているときには赤い色に体色が変化します。
この写真では手前の魚たちのお腹が赤くなっていますね。
興奮した時などもお腹が赤くなるそうです。

私が近寄ったから驚いてしまったかしら。

=======================================2010年1月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスμTOUGH-8000, PTWC-01 撮影場所:マレーシア、シパダン島)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

シパダン島散策 その2

R_100618_1_600t

散策もあっという間に終わってしまったので、看板のようなものをパチリ。

R_100618_2_600t

椰子の葉陰から漏れる光がまぶしいですね。

=======================================2010年1月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスPEN E-P1, M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 撮影場所:マレーシア、シパダン島)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

シパダン島散策 その1

R_100617_600

シパダン島を散策すると言っても、観光客が散策できるのは桟橋周辺のごく限られた場所だけです。

そのエリアは数年前に訪れたときよりも狭くなっていて、端から端まで歩いて5分ぐらいでした。

=======================================2010年1月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスPEN E-P1, M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 撮影場所:マレーシア、シパダン島)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

シパダン島の住人 その3の2

R_100616_1_600t

このヤドカリ君はちょっと色黒ですね。
種類が違うのでしょうか。

R_100616_2_600

シパダン島で見たヤドカリはこれぐらいの小さなヤドカリ君たちばかりでした。

リゾートのスタッフが持って来てくれたお昼ごはんを食べて、
シパダン島での最後のダイビングが始まるまでの、ほんの少しの滞在の時間を
楽しませてくれた可愛らしい住人たちなのでした。

=======================================2010年1月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスPEN E-P1, ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro マレーシア、シパダン島)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

シパダン島の住人 その3

R_100615_1_600

シパダン島に住んでいるヤドカリ君たちです。

R_100615_2_600

宿にする貝殻は特に種類が決まっているわけではないようです。

=======================================2010年1月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスPEN E-P1, ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro マレーシア、シパダン島)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

世界中のダイバーが集まる小さな島

R_100614_600t

シパダン島はボルネオ島の北東部、マレーシアとフィリピンとインドネシアとに囲まれた
セレベス海にポツーンと浮かぶ小さな島です。

交通の便がとても悪い場所にありますが、
ダイバーなら一度は訪れてみたい憧れの島ですから、
世界中からダイバーが集まってきます。

私がちょっと挨拶を交わしただけでも、韓国、スイス、ドイツ、香港からの
ダイバーさんたちがいました。
素敵なものを見て感動する気持ちは、人種・国籍を問いません。

=======================================2010年1月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスμTOUGH-8000, PTWC-01 撮影場所:マレーシア、シパダン島)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

アオウミガメとダイバー

R_100613_600

またまたアオウミガメが泳いでいました。
ちょうどよいところにダイバーさんがいたので、一緒にパチリ。
目線も良いですね。
モデルさん、ありがとうございました。

=======================================2010年1月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスμTOUGH-8000, PTWC-01 撮影場所:マレーシア、シパダン島)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

ウミガメ発見!

R_100612_1_600t

ドロップオフの周辺にはたくさんのアオウミガメが泳いでいました。

「こっちにこないかな~」
と思っていても、そのまま泳ぎ去ってしまうカメ。

R_100612_2_600t_2

「泳ぎ去ってしまうだろう」
と思っていたら、急に進路を変えて島影に近づいてくるカメ。

こっちのカメにしようか、あっちのカメにしようか、と迷うほどの贅沢ダイビングでした。

=======================================2010年1月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスμTOUGH-8000, PTWC-01 撮影場所:マレーシア、シパダン島)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

ハナゴイ乱舞

R_100611_600t

潮当たりの良いドロップオフにつながる棚の周辺部にはびっしりとソフトコーラルが育っていました。
カラフルなビーズが入った箱をひっくり返してしまったかのようなハナゴイたちの乱舞は、
ついつい時間を忘れてうっとりと見とれてしまいます。

=======================================2010年1月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスμTOUGH-8000, PTWC-01 撮影場所:マレーシア、シパダン島)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

竜宮城の亀はお昼寝中

R_100610_1_600

浅場のダイビングが気持ち良かったので、そのまま竜宮城のようなサンゴの楽園を泳いでいきました。

R_100610_2_600

色とりどりのお魚に囲まれて、アオウミガメがお昼寝中でした。

=======================================2010年1月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスμTOUGH-8000, PTWC-01 撮影場所:マレーシア、シパダン島)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

楽しみ方にもいろいろありまして

R_100609_1_600t

桟橋からボートで5分程のこんな浅場でブラックフィン・バラクーダの群れに出会えるなんて、
さすがシパダン島です。

R_100609_2_600t

前日のドロップオフの沖合いでの遭遇の時のような
『リラックスはしているけれど、集中している』という感じとはは違い、
潮の流れもほとんどなく、バラクーダものんびりしていたので、
ただひたすら『うほほーい♪』的な開放感でバラクーダの群れを楽しむことができました。

=======================================2010年1月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスμTOUGH-8000, PTWC-01 撮影場所:マレーシア、シパダン島)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

棚の上のバラクーダ

R_100608_1_600

シパダン島でのダイビングの話の続きです。
朝の出発が早かったので、まだ午前10時ですが既に3本目のダイビングとなりました。

太陽の光も強くなってきて、浅場のサンゴの輝きが増していきます。

R_100608_2_600

運の良いことに、エントリー直後の珊瑚礁の棚の上にバラクーダの群れがいました。

=======================================2010年1月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスμTOUGH-8000, PTWC-01 撮影場所:マレーシア、シパダン島)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

メジロの雛と『鳥さらい』

R_100606_600

シパダン・シリーズの途中ですが、野鳥の雛の季節なので最近のちょっとしたエピソードを
書きたいと思います。

高速道路のとあるサービスエリアでの出来事です。
トイレから出てきた私はメジロの雛が地面で「チィーッ!チィーッ!」と鳴いているのを
見つけてしまいました。

「こ、これはメジロの雛・・・。巣から落ちちゃったのかしら?」

「ハンカチにくるんで家に連れて帰って、森を飛びまわれるようになるまでお世話をしようかしら?」

などという考えが一瞬頭の中をよぎりましたが、

「確か『野鳥は捕まえてはいけない』ものだったな、はて、これはどうしたものかしら・・・」

と、しばらくその雛を見ていました。

近くの木の上からはまた別のメジロの声が聞こえてきますから、
親鳥か仲間が近くにいるようです。
しかし、屋根の上にはカラスがいて雛の様子を伺っています。
メジロの雛はパタパタヨロヨロと地面を這うように2~3mほど飛びました。
怪我をしているわけではなさそうです。

ひとまず、車で待っている夫に電話をかけてトイレの前に来てもらい、
状況を説明して「こういう場合はどうすればいいの?」と相談しました。

「放っておくしかないよ」

「だって、カラスに食べられちゃうかもしれないよ」

「そうなったら、そうなったで仕方ないよ、鳥の雛はカラスの食べ物だもん」

「#★◎ёд!!(私の心の声)」

しかし、夫の言うとおりです。
メジロの雛がかわいいからといって、カラスがかわいくないからといって、
自然のバランスを壊すのはよろしくありません。
というわけで、「メジロの雛が無事に仲間たちのところに戻れますように」、
との願いだけを胸にその場を立ち去りました。

帰宅して、(財)日本野鳥の会のHPを見てみました。
するとそこに、『ヒナを拾わないで!!』という文字を見つけました。

詳しくはリンク先のサイトを見ていただきたいのですが、『地面にいるヒナは迷子ではない』ことが、
説明されています。

もし、メジロの雛を拾って大きくなるまで育て、無事に野に返したとしても、
その行為は『雛を保護した』わけではなく、単なる『鳥さらい(雛の誘拐)』だったかもなぁ、
と自分の認識不足を知ったのでした。

=======================================2010年6月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスPEN E-P1, M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 撮影場所:山梨県)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

楽しい浅場とカメ

R_100604_1_600

浅場のサンゴは生き生きとして良いですね。

R_100604_2_600

浅場のカメもとても好きです。

R_100604_3_600

シパダン島にはカメがたくさんいます。
「もうカメはいいよ」と飽きる人もいるぐらいの数の多さですが、
自宅に2匹のカメを飼っている私はカメに妙に愛着があって、飽きることがありません。

=======================================2010年1月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスμTOUGH-8000, PTWC-01 撮影場所:マレーシア、シパダン島)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

再びシパダン島へ

R_100603_1_600

シパダン島は入島制限があり、各リゾートごとにシパダン島に行ける人数が割当てられます。
私は正味4日間の滞在だったので、1日行けるぐらいだね、と思っていましたが、
運よく翌日もシパダン島に行くことができました。

5時30分頃にカパライ島を出発して6時9分に1ダイブ目をエントリーしました。
しかし、この日のバッファローフィッシュは棚の上でばらけていて、大行進にはなりませんでした。
動かない個体がいたので、じっと見ていると、口の中を小さな魚にクリーニングされていました。

R_100603_2_600t

透明度の悪さと潜るポイントは前日と同じですが、この日はコンデジに
ワイド・コンバージョンレンズなどをつけて、前日とはまた違う楽しみ方をすることにしました。

=======================================2010年1月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスμTOUGH-8000, PTWC-01 撮影場所:マレーシア、シパダン島)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

ダイビングの後はご飯モリモリ!

R_100602_1_600

最後にやはり桟橋下にいるカクレクマノミと戯れて、エグジットしました。
この日のダイビングもこれで終了です。

R_100602_2_600t

早朝からシパダン島に行って4ダイブ。カパライ島に帰ってきて1ダイブ。
ビールがおいしいわけですね。

R_100602_3_600t

カパライ・リゾートの食事はビュッフェ形式でした。
味付けは薄めの中華、マレーシアの一般的な味付けでしょうか。
とにかく野菜の火の通し方が絶妙で美味しかったです。

一日中身体を動かしているせいか、朝も昼も夜も普段の2倍の量は食べた気がします。

=======================================2010年1月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスμTOUGH-8000, オリンパスPEN E-P1, M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6
撮影場所:マレーシア、カパライ島)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

ハナヒゲあきらめコブシメ

R_100601_600t

ちょうどこの時期はハナヒゲウツボの幼魚がいるとのことで、探しに行ったところ、
いるにはいたのですが、なにしろハナヒゲウツボの幼魚は全身が黒く、
周囲はマリンスノーだらけで、コンデジの写真はいまいち・・・。

『水中写真は粘るのも大切だけれど、あきらめも肝心』、を合言葉に
再び海中散歩をしていると斜面にコブシメがいました。
40~50cmと、大きさもコンデジ撮影には申し分ありません。

コブシメは私が近づいても逃げることなくじっとしていました。
モデルさん、ありがとうね。

=======================================2010年1月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスμTOUGH-8000 撮影場所:マレーシア、カパライ島)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »