« アンナウミウシ | トップページ | アカメハゼ »

2010年5月 2日 (日)

シアミル島

R_100502_1_600

カパライ島に到着して2日目の午前中は近くのシアミル島へ潜りに行きました。
のんびりしたハシナガチョウチョウウオは色、形、模様もかわいらしくて良いですね。

R_100502_2_600

頭を下にしたヘコアユの群れがいたので、そーっと近づいていったら、
すーっと後ろ向きに泳ぎ始めました。

日本に帰ってきて海水魚図鑑を眺めていると、ヘコアユの写真の横に「ヨロイウオ」という、
ヘコアユにそっくりな魚の写真が掲載されていることに気付きました。
ヘコアユは背びれ(とはいっても尾びれに見えるトゲっぽい部分)に関節があり、
そこが曲がるのに対して、ヨロイウオにはその関節がないとのことでした。

なるほど、と思ってもう一度写真をよく見てみますと、うん、左側の泳ぎ始めた魚たちは
お尻のトゲの先が曲がっていますね。
しかし、曲がっていない個体もあり、じっくり探すとヨロイウオが混じっている可能性も
なきにしもあらずですが、ひとまずこれはヘコアユの群れということで間違いではないのだな、
と、パソコンの前で図鑑を広げながらブツブツと呟いているわけでして、
部屋のスピーカーから流れてくるBGMはマンハッタン・トランスファーだったりして、
こんな時間の過ごし方も水中写真を撮った後の楽しみというわけなのです。

R_100502_3_600t_2

ダイビングを1本終えて、シアミル島(Siamil Island)の桟橋で休憩しました。
あいにくの曇り空が残念でした。
雨季ですから仕方ありませんね。

=======================================2010年1月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスμTOUGH-8000 撮影場所:マレーシア、シアミル島)

|

« アンナウミウシ | トップページ | アカメハゼ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175504/48240113

この記事へのトラックバック一覧です: シアミル島:

« アンナウミウシ | トップページ | アカメハゼ »