« 秘境の秘湯、その望月のころ | トップページ | 安らかな眠り »

2010年1月27日 (水)

月の精のいたずら

R_100127_600t_2

スペイン語で月のことを「(La) Luna /ルナ」と言います。
ローマ神話の月の女神のことを「Luna (ルナ)」と言うので、それが語源なのでしょう。

それに関連して英語で「Lunatic/ルナティック」という言葉があります。
「気違いじみた、ばかげた」という意味です。
また、満月の日には犯罪が多いなどという説もあるようですね。
確かに、秘境の秘湯で、ただ独りで満月の明りを全身に浴びていたこの夜、
妙なエネルギーがわき起こってくるのを感じました。

そのようなテンションでいた時に写真を撮り、その場で画像を確認したら
このような光景が写っていました(文字は後から書いたものです)。

「あぁっ!これは!一体カメラに何が写ったのだろう!?」

と何か神秘的なものを感じたのは言うまでもありません。

しかし次の瞬間、私はレンズが曇っていることに気づきました。
そうです。
一糸まとわぬ状態で写真を撮っていて、すこし冷えたなぁ、と思い、
カメラを持ったまま温泉に浸かり、そのまま写真を撮ったのです。

ラーメン屋さんで眼鏡が曇る現象…。
「満月の狂気」というよりは「月の精のいたずら」による1枚なのでした。

=======================================2006年11月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330  撮影場所:メキシコ、バハ・カリフォルニア)

|

« 秘境の秘湯、その望月のころ | トップページ | 安らかな眠り »

コメント

sakurakoさん、こんにちは。
満月とマロンちゃん、という組み合わせで
撮れると素敵ですね。

投稿: てんみん | 2010年1月28日 (木) 11:32

素敵な一枚ですね。
マロンも満月の夜には
虎になっているかもしれません・・

投稿: sakurako | 2010年1月27日 (水) 17:53

こいつら3号さん、こんばんは。
山の中に何箇所か温泉が湧いているようなのですが、
私が訪れたところはあまり知られていないのかもしれません。
ガイドさんも数ヶ月ぶりだということで、
ここに日本人を連れてきたのは私で二人目だと言っていましたので。

メキシコの人は熱いお湯が苦手なので
(スープも熱いものは飲めません)、
訪れる人は現地の人よりも
観光客の方が多いかもしれませんね。

ラーメンの精もいたずら好きですよね。

投稿: てんみん | 2010年1月27日 (水) 17:50

良いですね(^_^)
ここは現地の方とかも入りにくるのですか?

ラーメン屋でもこのような絵が撮れることがあります(笑)

投稿: こいつら3号 | 2010年1月27日 (水) 12:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175504/47402132

この記事へのトラックバック一覧です: 月の精のいたずら:

« 秘境の秘湯、その望月のころ | トップページ | 安らかな眠り »