« 泳ぎの速いタコクラゲ | トップページ | 草刈りの季節 »

2009年7月 4日 (土)

クラゲとムダゲ

R_090704_600

私には一生忘れないであろうクラゲの思い出があります。
そう、あれはまだ私が小学校低学年の夏のことでした。

家族で海水浴に出かけ、水着に着替えた私は真っ先に海へ向かいました。
「わーい!」と海に入ったその瞬間、電気の走ったような激痛が私の左腕に流れました。
何がおこったのかわからず、驚いた私はまだ浜辺にいた母のもとへ駆け寄り、
「お母さーん!痛いよー!痛いよー!」と泣き叫びました。

私の左手首から肘にかけては皮膚が大きく腫れあがり、
応急処置のアンモニア水をかけてくれた海水浴場の監視員さんもそのひどさに
驚いていました。

その時のクラゲの触手の痕が今でも私の左手首から肘にかけて残っています。
普段はあまり気になりませんが、洋服が長そでから半そでに変わる今時分、
腕のむだ毛を剃ろうかな~、と思った時に、
「あ、そうだった。むだ毛を剃ると触手痕が目立つんだった。
ちょっと日焼けをして目立たなくなるまで待たなくちゃね。」
と、涙を流した海水浴のことを思い出すのでした。

(注)その後もクラゲに刺されたことは多々ありますが、
    痕が残ったのはこの時のものだけです。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスμ1030SW  撮影場所:沖縄県那覇市)

|

« 泳ぎの速いタコクラゲ | トップページ | 草刈りの季節 »

コメント

sakurakoさん、おはようございます。
出会いって不思議ですね。
ハマちゃん、マロンちゃんとも「運命の出会い」だったのですね。

投稿: てんみん | 2009年7月 6日 (月) 06:08

こどもの頃海水浴に行くとクラゲに
よく刺されました。まさかその海の
近くに嫁に行くなどその時は思っても
みませんでした。

投稿: sakurako | 2009年7月 5日 (日) 19:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175504/45523874

この記事へのトラックバック一覧です: クラゲとムダゲ:

« 泳ぎの速いタコクラゲ | トップページ | 草刈りの季節 »