« お知らせ | トップページ | 三日月 »

2009年1月15日 (木)

小学校の卒業文集

R_90115_600

将来の夢…フィギュアスケートの選手。

小学校の卒業文集に私はこんなことを書いていました。
当の私ですら忘れていたことですが、幼なじみのきよちゃんだけはずっと覚えていて、
大人になったときに、「てんみんは、そんなこと書いていたよね」と。

小学生の頃、近所でスケートが流行っていて、低学年の頃は両親や姉と、
高学年の頃は友達と一緒にスケートリンクに遊びに行っていました。
夏のスケートリンクは空いていて、友達とリンク内で鬼ごっこをしたりして、
周囲の人達に多大な迷惑をかけたような記憶が残っています。

しかし、小学校卒業後はスケートをする機会もなく、いつの間にか住んでいた街からは
スケートリンクが消え、冬になると時折「スケートしたいな~。」とは思いつつも、
スケートをすることなく年月だけが過ぎていきました。

そしてこの冬、冬季限定でスケートリングが我が街に復活したのです。
先月、はやる心を抑えて私はスケートリンクに向かいました。

「ちゃんと滑ることができるだろうか。それ以前に氷の上に立つことができるだろうか。」
と思いながらスケート靴の紐をぎゅっ、ぎゅっと縛り、おそるおそる氷の上に立ちました。

はじめは「おっ!おっ!」と思いながらバランスをとりましたが、
リンクを1周、2周するうちに、「あー、そうそう、こういう体重移動。腕でバランスとって…」
などと身体がスケートを思いだしてくれました。
身体が大きくなった分の動きの鈍さはあるけれど、
やっぱりスケートって楽しいな!と、気持ちは2X年昔の童心に戻ったのでした。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-3, ZUIKO DIGITAL ED50-200mm F2.8-3.5 SWD, PhotoshopCS2)

|

« お知らせ | トップページ | 三日月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175504/43674166

この記事へのトラックバック一覧です: 小学校の卒業文集:

« お知らせ | トップページ | 三日月 »