« ラベンダー(ストエスカス) | トップページ | 梅雨を待つ »

2008年5月25日 (日)

パロディ詩/メジロのお宿

R1750_600t

冬が終わる頃、私はメジロザンマイをしていました

先日、ふとそのことを想いだしたときの私のその調子は
西條八十の詩『僕の帽子』のようでした。

========『パロディ詩/メジロのお宿』==by てんみん===========

母さん、ほらあのメジロたち、どうしたんでせうね?
ええ、冬、家から広場へゆくみちで、
せっせと木の実を食べていたあのメジロたちですよ。

母さん、あれはかわいいメジロたちでしたよ。
私はあのときずいぶんと幸せでした。
だけど、春が来ると姿を消したもんだから。

母さん、あのとき、向こうからみかんを持った人が来ましたっけね、
紺のジーンズを履いていた。
そして、メジロのいる木にみかんを刺そうと、
ずいぶん骨を折っていましたね。
けれど、とうとう駄目だった。
なにしろ木の実がなくなったもので、
それにみかんも、ひからびてしまったんですもの。

母さん、ほんとにあのメジロたちはどこにいったのでせう?
そのとき傍らに咲いていた椿の花は
もうとうに枯れちゃったでせうね、
そして、春には、黄砂がこの街をおおい、
あのメジロたちも、黄色い砂まみれになったかもしれませんよ。

母さん、そして、きっと今頃は、今夜あたりは、
メジロたちは、新しいお宿にいることでせう。
昔、たくさん食べた、あの木の実がなっている場所と、
同じような場所を見つけたことでせう。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD  撮影場所:福岡県北九州市)
*ナショナルジオグラフィック 第23回デジカメ・フォトギャラリー 入選作品

|

« ラベンダー(ストエスカス) | トップページ | 梅雨を待つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175504/41223561

この記事へのトラックバック一覧です: パロディ詩/メジロのお宿:

« ラベンダー(ストエスカス) | トップページ | 梅雨を待つ »