« シパダン島の兄弟猫 no.2 | トップページ | 湘南海岸はどん曇り no.12 »

2008年2月14日 (木)

湘南海岸はどん曇り no.11

R1647_1_600

さて、sharyuさんご夫妻とランチを食べた後、お二人と別れて私は単独でお散歩へ。
そこで出会ったのがこの猫です。
 R1647_2_500t

道行く女の子達が「わっ!何!この猫!」
と私が心の中で思ったのと同じ言葉を
発しながら通り過ぎていきます。

「なんて柄(模様)の悪い猫・・・」
初めはそう思ったのですが、
じっとこの猫を眺めていて、考えを改めました。

よく見ると、胸元は白エプロン、足には白ソックス。
そして、ボディは三毛ともサビとも言いがたい、
「迷彩柄」。

R1647_3_600 

「迷彩柄の猫」と思うと顔の真ん中の黒い模様も「コマンドー」って感じに見えてきます。
愛想がないところも「コマンドー」って感じです。

また会いに行きたいと思う、かっこいい猫でした。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm  撮影場所:神奈川県)

|

« シパダン島の兄弟猫 no.2 | トップページ | 湘南海岸はどん曇り no.12 »

コメント

sakurakoさん、こんばんは!
よく見ると4色なので、茶トラと三毛のmixなのかしら?などと思ってしまいます。
これぞ「親の顔が見てみたい猫!」です。
でも、この記事のタイトルは「羽子板で負けた猫」にすればよかったです(爆)

投稿: てんみん | 2008年2月14日 (木) 23:22

わ~可愛い三毛猫ちゃん。
白いエプロンに私は地下足袋って
思いました(笑)
顔には羽子板で負けた墨が塗られて
ますよね?(爆)

投稿: sakurako | 2008年2月14日 (木) 21:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175504/40111263

この記事へのトラックバック一覧です: 湘南海岸はどん曇り no.11 :

« シパダン島の兄弟猫 no.2 | トップページ | 湘南海岸はどん曇り no.12 »