« 解決していないこと~ミチョアカーナ問題(長編) no.1 | トップページ | 穏やかな幸福感 »

2008年1月 5日 (土)

解決していないこと~ミチョアカーナ問題(長編) no.2

1607_1_600

こちらのミチョアカーナは「REAL MICHOACANA」とその正当性を主張しています。
この辺りから、やはりメキシコでも、「本物のミチョアカーナはどれだ!?」という
疑問を持つ人たちがいるのではないか、と思うようになってきました。

1607_2_600

こちらも正当性を主張する「REAL MICHOACANA」です。
しかしよく見ると、ロゴの女の子は両手にパレタ(板状アイス)を持っているパターンです。
このロゴ、昨日の記事の前半に登場したお店のカップについていたロゴにそっくりです。
少数派ながらも、このロゴも系統としては存在することが確認できました。

1607_3_500

こちらはまたまた新しいパターンのミチョアカーナ。
こちらのロゴ・・・ではなく女性の絵は写実的です。

1607_4_300s_2

このお店の店主はなぜ世間一般に出回っているミチョアカーナのロゴを使わずに
この絵を描いたのでしょうか。
ミチョアカーナ(ミチョアカン州の女性)というより、タラスコ族の女性、というイメージです。
そんなところに店主のこだわりを感じ、もしかすると、このお店が一番の正統派なのではないか
と思わせるような雰囲気すら持っています。

さて、ここまで見てきたミチョアカーナ問題。
私の推察は次のとおりです(本当かどうかはわかりません)。

① 本家ミチョアカーナの直営店がある。
② 本家ミチョアカーナの支援店、系列店(フランチャイズ?)がある。
   ミチョアカーナ拡大当初、メキシコでロゴ管理がしっかり行われていたとも限らないので、
  ②の支援店、系列店でもロゴが微妙に違うかもしれない。
③ 本家ミチョアカーナとは全く関係がなく、ロゴだけ勝手に使用している店がある。
④ ③の店に流通させるカップに印刷するため、カップメーカーが両手にパレタ(板状アイス)を
  持ったロゴを考案したと思われる。
⑤ ④のカップが流通を始め、本家ミチョアカーナと全く関係のない店が
     ④のロゴを拝借しはじめたと思われる。
⑥ そしてメキシコ全土に「ミチョアカーナ」が乱立し、どれが本物だかニセモノだか
   わからなくなったのが現在の状況である。

↓ちなみに、アメリカで販売されているミチョアカーナ・アイスのサイトはこちらです。
Paleteria la Michoacana Inc.
昨日から見てきたロゴたちと「似てはいるがどれでもない」…という一大事(笑)

しかし、2005年のLatin_KNOWの記事によりますと、
アメリカ、カリフォルニア州のミチョアカーナは本家ミチョアカーナとは無関係の会社が
アメリカでこのロゴを商標登録したということですから、これは本家のロゴではないでしょう。

このブログをご覧になっているメキシコ在住の皆様。
ご意見お待ちしております。
また、「これが本家ミチョアカーナのロゴ」という確信がある方、
ご連絡をお待ちしています。

私の意見は次のとおりです。
  「ロゴや経営は違えども、どのミチョアカーナもおいしいアイスを売っている」
本当に、メキシコのアイスクリームは美味でございます。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(撮影場所:メキシコ、ウルアパン、パツクアロ)

|

« 解決していないこと~ミチョアカーナ問題(長編) no.1 | トップページ | 穏やかな幸福感 »

コメント

paseniaさん、はじめまして。
>細かいところはどうでもいい
あぁ、やっぱりメキシコですね。非常に納得のできるお話です。
しかも、私が行き付けのla fuente までもが系列店という情報にはビックリしました。
この謎は迷宮入りかと思っていましたが、paseniaさんのおかげで「解決済み」案件になりました。
本当にありがとうございます。
これで今晩はゆっくり寝ることができます(笑)。


投稿: てんみん | 2008年1月20日 (日) 15:41

てんみんさんをますます惑わせることになりそうですが。。。
ラパス在住の知り合いが本家ミチョアカナのオーナーがラパスに来た時に会ったことがあると言っていました。その人に言わせれば多少ロゴの違いはあってもたいがいは同じ系列の店なんだそうです。メキシコの看板は手書きなので、細かいところはどうでもいいとか言ってました。ラパスにあるミチョアカナはロゴが全く違いますが、これも実は同じ系列なんだそうです。さらに驚いたのですが、ラパスで有名なあのラ・フエンテ(白地にカラフルな水玉模様でおなじみ)も同じ系列なのだそうです。ミチョアカナのオーナーが息子?娘?(その辺ちょっとはっきりしない)に、自分の好きなスタイルで新しい名前でお店を開くようにとノウハウをプレゼントしたそうです。
話の信憑性は私にもよく分かりませんので、そういう説もあるというくらいにとどめておいた方がいいかもしれませんが、参考までに。

投稿: pasenia | 2008年1月20日 (日) 11:44

Kazuさん、こんばんは。
ラパスにも数件MICHOACANAがあります。
メキシコでチョコレートといいますと、
モーレというカカオその他をすりつぶして作ったソースが有名です。激うまです。
「ウルアパン・コーヒー」なるものにも出会ったことがあります。
とにかくどの地方に行っても食べ物がおいしい国ですね。


投稿: てんみん | 2008年1月 6日 (日) 22:13

MICHOACANAのアイスはラパスでも販売してますか?
メキシコは、南米に近いので、チョコレートやコーヒーなど、タコス以外にも名産がありそうですが。。。ご存知でしたら、紹介してください。

投稿: Kazu | 2008年1月 6日 (日) 15:34

sakurakoさん、こんばんは。
似て非なるお菓子って結構ありますよね。
あ、ツバが。
「赤福餅」食べたくなってきました。
今年も食い気全開で行きましょう!!

投稿: てんみん | 2008年1月 5日 (土) 22:39

日本の「赤福」問題がニュースに出るまで
「赤福」に似ているお菓子他にもあるとは
知りませんでした。
私は「赤福餅」が大好きです(笑)

投稿: sakurako | 2008年1月 5日 (土) 21:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175504/17567780

この記事へのトラックバック一覧です: 解決していないこと~ミチョアカーナ問題(長編) no.2:

« 解決していないこと~ミチョアカーナ問題(長編) no.1 | トップページ | 穏やかな幸福感 »