« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

ごろ~ん ごろ~ん

R1633_600

ごろ~ん ごろ~ん
     からだじゅうに くさのみ つけて

ごろ~ん ごろ~ん
     かみのけにも くさのみ つけて

ごろ~ん ごろ~ん
     しんこきゅうすれば くさのかおりが

ごろ~ん ごろ~ん
     あたりでは ひばりのなきごえが

今日は1月31日、まだまだ冬と呼ばれる季節です。
どん曇りの空と厳しい寒さに耐えながら、待ち遠しい季節のことを考えたのです。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm  撮影場所:島根県隠岐郡)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水)

湘南海岸はどん曇り no.10

R1631_1_600t

それでも、例の魚に気をとられて団体行動を乱している浜千鳥がいました。

R1631_2_600t

どうするのか観察を続けましたら、ちょっと魚の味見をして、
すぐにみんなの後を追いかけて走り去りました。

帰宅後に、「浜千鳥」って何という名前の鳥なのかしら?と調べてみたところ、
ミユビシギ」という名前がちゃんとついていました。

そして藤沢の名産品に「浜ちどりサブレー」を見つけてしまい、
次回はサブレーのお味も試してみたいと思ったのでした。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-3, ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD  撮影場所:神奈川県)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火)

湘南海岸はどん曇り no.9

R1630_1_600

ふと目の端に動くものを捕らえたので、そちらに目を向けてみると、
浜千鳥たちが波打ち際を一斉にこちらへ向かって走ってきているところでした。

R1630_2_600

浜千鳥、走る!

R1630_3_600

エサを探す!

R1630_4_600

浜千鳥、走る!

R1630_5_600

エサを探す!

見事な団体行動に、思わず拍手をしそうになりました。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-3, ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD  撮影場所:神奈川県)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月)

湘南海岸はどん曇り no.8

R1629_1_600

ウミウだ!と思って写真を撮ってみると、違う鳥でした。
ウミウのように水中に潜ってエサを撮っています。

R1629_2_600

その容姿は横モヒカンに斬新なアイメイクと、かなり目立つ特徴があるので、
「モヒカン 水鳥」でネット検索してみました。
ところがヒットするのは「南斗水鳥拳」の記事ばかりです。
苦笑をしながらも、南斗聖拳の記事に数十分ほど夢中になってしまいました。
そしてさらなる検索を続け、ようやく「カンムリカイツブリ(冬羽)」にたどりつきました。

魚図鑑だけでなく鳥図鑑も欲しいわねぇ、と思っている今日この頃。
おすすめの鳥図鑑はございませんか?

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-3, ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD, 2x teleconverter EC-2
 撮影場所:神奈川県)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

湘南海岸はどん曇り no.7

R1628_1_600

湘南海岸でまたウミウに出会うことができました。
前回の出会いで小さな愛が芽生えたのですが、今回も新しい発見がありました。

R1628_2_600

頭の黒いウミウと頭の白いウミウがいます。
黒と白。何が違うのでしょう。

R1628_3_600t

頭の白いウミウは繁殖期(婚姻色)なのです。

愛、それは知ることから始まる。
もとい、
愛、それは撮ることから始まる。

あぁ、湘南海岸はどん曇り。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-3, ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD, 2x teleconverter EC-2
 撮影場所:神奈川県)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土)

「みんなで守ろう文化財」

R1632_600t_2

今日、1月26日は文化財防火デーです。
というわけで、ポスター風にしてみました。

折しも昨日の読売新聞朝刊に「文化財被害45件」という記事が掲載されました。
被害にあった文化財が何十年、何百年の時を経て、多くの人の気持ちを受け継いで
今まで大切に保護されてきたこと。
そういうことを大切にできる社会、というのが教養ある社会ではないかと思うのです。
歴史の授業はそういう基本的な教養を身につけるためにあるのではないかと思うのです。
「○○年に誰が何をやった」と覚えることが重要なのではなく、そこから続く歴史の流れの上に
現代の私達が生きていることを理解する、ということが重要なのだと思うのです。

まぁ、歴史の教育以前に、家庭での道徳教育の方が先なのですけれど。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm  撮影場所:福岡県北九州市)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

湘南海岸はどん曇り no.6

R1627_600

湘南海岸といえば、烏帽子岩ですね。
ちょうどこの日は周辺のヨットも一緒に浮島現象(下位蜃気楼)になっていました。

もしも、烏帽子岩が流氷のようにどこかへ流れていったら・・・。
そんなことはないとわかっていながらも、楽しい空想にひたるのでした。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-3, ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD, 2x teleconverter EC-2
 撮影場所:神奈川県)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

湘南海岸はどん曇り no.5

湘南海岸では怖いものなしのように思われている鳶ですが、苦手なものもあるようです。

R1626_1_600

打ち上げられた魚の身をつついている二羽のカラスと、
それを遠巻きに眺めている一羽の小型の鳶。

R1626_2_600

鳶は分け前にあずかろうと、魚に近づいていきます。

R1626_3_600

カラスは魚を横取りされまいと、鳶を威嚇して追い払ってしまいました。

私は「仲良く食べればいいのに・・・」と思ったのですが、
大昔から鳶とカラスは仲が悪いようですね。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-3, ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD  撮影場所:神奈川県)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

湘南海岸はどん曇り no.4

R1625_600t

鳶もサーファー気分に浸っているのかしら?
でも、お魚ボードじゃ波に乗れないでしょう?

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-3, ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD  撮影場所:神奈川県)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

湘南海岸はどん曇り no.3

R1624_600t

そして、湘南海岸といえばサーファーですね。
お兄さーん!今日の波は小さいですねー!
風邪をひかないように海から上がったら温まってくださいねー!

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-3, ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD, 2x teleconverter EC-2
 撮影場所:神奈川県)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

湘南海岸はどん曇り no.2

R1623_600

湘南海岸といえば、必ず目につくのが鳶ですね。
打ち上げられた魚に勇ましく着陸しました。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-3, ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD  撮影場所:神奈川県)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

湘南海岸はどん曇り no.1

R1622_600

湘南海岸は風日和・・・と思って遊びにきたその日は、
風もなく、波も小さい、どん曇りの日でした。

どん曇りでも、「SHORE LIFE」のsharyuさんご夫妻と海岸沿いをお散歩して、
ランチを食べて、楽しい休日を過ごしたのでした。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm  撮影場所:神奈川県藤沢市)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

ヘビじゃありません

R1621_600t

タイガー・スネイク・イール(Tiger Snake Eel, Myrichthys tigrinus)は
見た瞬間は「ウミヘビ」のように見えますが、れっきとした魚です。

砂の上で泳いでいるのを見つけることが多いので、昨日の写真のように
どのスネイク・イールだろう?と悩まなくて済む・・・はずなのですが、
スポッティド・スネイク・イール(Spotted Snake Eel, Myrichthys maculosus)とは
同種の魚なのか、異なる魚なのか、別の次元でどうもすっきりしない魚です。

一体どの図鑑が正しいのやら(悩)。

=====================================================2006年8月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm  撮影場所:メキシコ、ラパス)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金)

備忘録としてのスネイク・イール

R1620_1_600

キャンプサイトの目の前にあるシグナル・ブレニー村の村長さんを訪ねたときのことです。
ふと岩の下を見ますと、ある魚が砂の中から顔を出していました(水深1m)。
「こいつはスネイク・イール・・・でも、初めて見る顔やねぇ。記念写真を撮っとこっと。」

R1620_2_600

そして数日後、ダイビング・ポイントでデカジョーを見ていたときのことです。
デカジョーの横の砂地で例の魚が顔を出しています(水深20m)。
「あ、そういや、こん魚んこと忘れとった。一応、記念写真を撮っとこっと。」

そして、2008年1月。
「あ、あん魚っち、何やったっけ?また忘れんうちに・・・」とようやく図鑑を調べ始めたのですが、
やはり顔だけでは確定できませんでした。
可能性としてはSmallfish Snake Eel = Redsaddled Snake Eel (Quassiremus nothochir) 
というところでしょうか。

=====================================================2007年11月の写真より
(注)「 」内は北九州弁です。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm  撮影場所:メキシコ、ラパス)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)

モクズウミウシ 改め クロスジアメフラシ?

R1619_600

2005年からその存在に気付いていながらも、またその生態に驚かされながらも、
その容姿から、私の撮影意欲を全く起こさせない生きものがいました。
しかし、2007年10月のことでした。
「今年も、何回も目にしているよね~。一応撮っておくか・・・」と、
このモクズウミウシと勝手に命名していたウミウシの写真をキャンプサイトのビーチで撮りました。
それがこの上の写真です(約20mm)。

撮ったついでに図鑑で調べてみましたところ、
どうも「クロスジアメフラシ(Stylocheilus striatus)」という名前がついているようです。
残念です。モクズウミウシという名前ではなかったようです(そりゃそうだ)。
「ホソスジアメフラシ」ではないのか?という疑問も残りますが、
次の写真を見てみますと、やっぱり基本は「クロスジアメフラシ」でよいのではないかと思うのです。

R1619_3_600t

これは2007年8月上旬にキャンプサイトのビーチで見つけた、モクズウミウシが産卵する様子です。
クロスジアメフラシの特徴である「青い眼紋」が体表に確認できます(約40mm)。

R1619_2_600

そして、再び2007年10月の写真です。
2006年の10月にも見た、モクズウミウシの大量発生です。
海底一面に大量発生していることがわからないのが驚きに値します。

そして、写真はありませんが、この大量発生の写真を撮った数日前に、
このモクズウミウシたちが水深1mもない砂地を幅20cmほど、
長さ数mにわたって隙間もないほどぎっしりと行列しているところを見かけました。

さて、これらの観察の結果、こういう仮説を立ててみました。

①モクズウミウシと呼んでいた生物の標準和名はクロスジアメフラシである。
②クロスジアメフラシの子供はベリジャー幼生として海中の浮遊生活を送らず、
 直接発生する(ウミウシの形で生まれる)。
③ある程度大きくなるまで、砂の中で生活する。
④そして体長が10mmを超えてきた段階で一斉に砂の中から海底に姿を現す。
⑤子供のうちは青い眼紋はないが、成長するにしたがって眼紋が現れる。
⑥クロスジアメフラシは東部太平洋にも分布している。

仮説の検証は・・・今シーズンもまた観察してみましょうか。

==========================2007年8月(2枚目)、10月(1枚目、3枚目)の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスSP-350  撮影場所:メキシコ、ラパス)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

ナチョと歩けば ~walking with NACHO~ no.10(最終回)

R1618_1_600t

休憩をとり終えたナチョと私は再び来た道を戻って行きました。
この坂を登りきったら、ナチョと初めて出会った、あのバギーのある家の前に出ます。
そして、坂を登りきったところで・・・、

R1618_2_600

バギーのある家の前の花壇で、再びナチョが座り込んでしまいました。

「そこは花壇だからダメでしょ!」と思っていたら、家の門が開いて奥さんらしき上品な女性が
生まれたばかりの小さな犬を抱いて出てきました。
もしかして、と思い、私はおそるおそる奥さんに声をかけてみると、
やはりナチョはこの家の犬でした。

「あのぅ、ナチョと一緒に1時間ちょっとばかし、一緒に散歩してたんです。
そこの裏道を通って、マンゴーの林を抜けて、白い犬のいるところまで・・・」

「まぁ!ナチョはいつもふらふらして、どこに行ってるのかと思ったら、
そんなところまで行っていたのね。
しかもあなたをつれていくなんて、まぁ!なんてこと!
ずいぶんとあなたのことが気に入ったのね。」

「そうなの、ナチョ?」
と私がナチョのほうを見ると、さっきまでの愛想はどこへ行ったのか、
ナチョはそっぽを向いて花壇の中の草むらで伸びています。
察するに今日はかなりの遠出だったのでしょう。

私は「今日は道案内ありがとうね」と言って、ナチョの頭をポンと軽く叩き、
晴れ晴れとした心持でバス停へと歩き出したのでした。

・・・終わり・・・

=====================================================2007年11月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm  撮影場所:メキシコ、トドス・サントス)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月15日 (火)

ナチョと歩けば ~walking with NACHO~ no.9

R1617_1_600t_2

しばらく歩いてナチョと私は村はずれに戻ってきました。
ナチョの影も随分伸び、さて、これからどこに行くのだろうと思っていると・・・。

R1617_2_600t

「て、てんみんさん、僕、ちょっと疲れちゃいました・・・」

なんと、ナチョが三叉路で突然座り込んでしまったのです。
確かに行きは道端の水を飲みながらぶらぶらと歩いて行きましたが、
帰りはタッタッタと寄り道もせずに軽快に歩いて来ました。

「まぁ、水でも飲みなさいよ」

と、私はリュックからペットボトルを出し、その水を手にすくってナチョに差し出したところ、
ナチョは嬉しそうにその水を飲みました。
もちろん私もペットボトルからゴクゴクゴクと水を飲みました。
水を飲んだ後もナチョと私はその道端に座って、しばらく休憩していました。

三叉路の木陰に座り込んでいる日本人一人と犬一匹を、
地元の人たちが不思議そうな顔で見ながら、目の前を通り過ぎていきます。

・・・明日に続く・・・

=====================================================2007年11月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm  撮影場所:メキシコ、トドス・サントス)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

ナチョと歩けば ~walking with NACHO~ no.8

R1616_1_600t

ナチョは来た道をタッタッタと戻っていきました。
傾き始めた午後の日差しの中、丘を越えてマンゴーの林へ向かい、

R1616_2_600t

マンゴーの林を抜けて、ヤシの木の林へタッタッタと向かっていきました。

・・・明日に続く・・・

=====================================================2007年11月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm  撮影場所:メキシコ、トドス・サントス)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

ナチョと歩けば ~walking with NACHO~ no.7

R1615_1_600t

誰かの裏庭から道に出たところには犬が数匹いました。
私達が道に姿を現したとき、一瞬にしてその場の空気が張り詰めました。
彼らの縄張りに侵入してしまったようです。

R1615_2_600

ナチョは自分より小さな犬の剣幕に押されて尻尾を内側に丸め、白い犬に助けを求めました。
しかし、白い犬はこの小さな犬とも友達なのでしょう、
「仕方がないね、ここは一旦帰るしかないよ」と肩をすくめて、ナチョに帰るように促しました。

R1615_3_600t

「てんみんさん、すみませんね。ここは一旦帰りましょう」
ナチョはそう言うような仕草で私を見たかと思うと、来た道を戻り始めました。

・・・明日に続く・・・

=====================================================2007年11月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm  撮影場所:メキシコ、トドス・サントス)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

ナチョと歩けば ~walking with NACHO~ no.6

R1614_1_600t

藪を抜けたら、獣道だか、人の通る道だか、歩ける道があったので一安心しましたが、
柵の張り方から見て、「ここは私有地なのでは?」という新たな心配が
私の頭の中をよぎりました。

R1614_2_600t_2

そして、確実に誰かの家の裏庭を(ドキドキしながら)通過して、
白い犬と出会った場所の近くに出てきたのです。

・・・明日に続く・・・

=====================================================2007年11月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm  撮影場所:メキシコ、トドス・サントス)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

ナチョと歩けば ~walking with NACHO~ no.5

R1613_1_600t

「てんみんさん、心配しなくっても大丈夫。ここから先は僕がご案内しますよ。」
私の心配を察したのか、今度は白い犬がついて来いという素振りをしています。

「ついていっていいのかしら?」と、ナチョを見ますと・・・、

R1613_2_600

水遊びに夢中です。
ナチョは気が済むまで水遊びをした後、白い犬の後を追って行きました。
私ももちろんついて行きます。
ついて行きますが・・・、

R1613_3_600t

白い犬もナチョも藪の中を歩いて行きます。

「あの、そ、そこは道ですか?」

躊躇する私を横目に二匹の犬はどんどん藪の中を進んで行きますので、
迷子にならないようについて行かなくてはいけません。

・・・明日に続く・・・

=====================================================2007年11月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm  撮影場所:メキシコ、トドス・サントス)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

ナチョと歩けば ~walking with NACHO~ no.4

R1612_1_600t_2

マンゴー林を抜け、ナチョと私の小さな旅は続きます。
「そのT字路を右に曲がったら海に行けないかしら?」などという私の期待をよそに、
ナチョは迷わず左に曲がりました。

R1612_2_600 

左へ曲がってしばらく歩くと、白い犬のいる家にたどりつきました。

「もしかして、お友達の家に来たかっただけなんじゃないの?
いや、もしかすると、ここがナチョの家なのかもしれない・・・。
ナチョとの旅はここで終わって、ひとりで村の中心まで帰らないといけないのかしら?」

などと様々な考えが頭の中をよぎりました。

・・・明日に続く・・・

=====================================================2007年11月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm  撮影場所:メキシコ、トドス・サントス)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 9日 (水)

ナチョと歩けば ~walking with NACHO~ no.3

R1611_1_600t

ヤシの林を抜けるとマンゴーの林が見えてきました。
国道を車で走っているときにいつも気になっていたマンゴー林。
なんとナチョが道案内犬になって、連れてきてくれました。
辺りにはほんのり甘い香りが漂っています。
「でも、もうマンゴーのシーズンじゃないしね」と思いながら歩いていくと・・・、

R1611_2_600t

道端にマンゴー。

落ちていました。

・・・明日に続く・・・

=====================================================2007年11月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm  撮影場所:メキシコ、トドス・サントス)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

ナチョと歩けば ~walking with NACHO~ no.2

R1610_1_600

ナチョはヤシの木の林をどんどん歩いていき、辺りには建物が見えなくなりました。

R1610_2_600

そして、途中で水の通り道を見つけると、ゴクゴクと水を飲みました。

そうです。トドス・サントスは山から海へと流れる水が通る場所で、
こういう場所は砂漠のオアシスとなって、色々な植物が育ち、
人や動物も住むことができるのだということを改めて感じました。

おいしそうに水を飲んでいるナチョを見ていると、
「もしかしたら、ナチョは水を飲みに来たかっただけじゃないの?
ナチョはここで来た道を引き返すんじゃないの?」
という疑問が私の脳裏を横切りました。

R1610_3_600t

しかし、水を飲み終わったナチョは、
「さあ、行きますよ!」とばかりに、再び林の中へ続く道を歩き始めたのでした。

・・・明日に続く・・・

=====================================================2007年11月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm  撮影場所:メキシコ、トドス・サントス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

ナチョと歩けば ~walking with NACHO~ no.1

R1609_1_600t

ラパスから車で1時間~1時間半のところにあるトドス・サントスという町、というか村。
この日は村の中心部から少し離れたところでお散歩をしていました。
「ヤシの木に青空にバギー、これぞバハ・カリフォルニア・スル(Baja California Sur)!」
なんてことを思いながら写真を撮っていると・・・。

R1609_2_600

「てんみんさん、あなたをお待ちしていたのですよ。」
とばかりに、一匹の犬が近づいてきて、「ついていらっしゃい」という素振りをします。

首輪についている名前を見ると「NACHO(ナチョ)」と書いてあります。
怪しい犬ではなさそうですし、時間もあることですから、ついていってみることにしました。

R1609_3_600t

ナチョは小道を歩きながら「ついてきていますか?」と、何度も振り返って私を確認します。
意地悪して立ち止まるとナチョも立ち止まって私が歩き出すのを待っています。

「全く不思議なことがあるもんだ」
と思いながらも、ナチョと私の小さな旅が始まったのでした。

・・・明日に続く・・・

=====================================================2007年11月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm  撮影場所:メキシコ、トドス・サントス)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

穏やかな幸福感

R1608_600t

青い世界の光の梯子を昇って行くダイバーを見た瞬間、
穏やかな幸福感が身体の内部から全身に染み渡り、
いつまでもいつまでも眺めていたいと思ったのでした。

=====================================================2006年9月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスSP-350  撮影場所:メキシコ、ラパス)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

解決していないこと~ミチョアカーナ問題(長編) no.2

1607_1_600

こちらのミチョアカーナは「REAL MICHOACANA」とその正当性を主張しています。
この辺りから、やはりメキシコでも、「本物のミチョアカーナはどれだ!?」という
疑問を持つ人たちがいるのではないか、と思うようになってきました。

1607_2_600

こちらも正当性を主張する「REAL MICHOACANA」です。
しかしよく見ると、ロゴの女の子は両手にパレタ(板状アイス)を持っているパターンです。
このロゴ、昨日の記事の前半に登場したお店のカップについていたロゴにそっくりです。
少数派ながらも、このロゴも系統としては存在することが確認できました。

1607_3_500

こちらはまたまた新しいパターンのミチョアカーナ。
こちらのロゴ・・・ではなく女性の絵は写実的です。

1607_4_300s_2

このお店の店主はなぜ世間一般に出回っているミチョアカーナのロゴを使わずに
この絵を描いたのでしょうか。
ミチョアカーナ(ミチョアカン州の女性)というより、タラスコ族の女性、というイメージです。
そんなところに店主のこだわりを感じ、もしかすると、このお店が一番の正統派なのではないか
と思わせるような雰囲気すら持っています。

さて、ここまで見てきたミチョアカーナ問題。
私の推察は次のとおりです(本当かどうかはわかりません)。

① 本家ミチョアカーナの直営店がある。
② 本家ミチョアカーナの支援店、系列店(フランチャイズ?)がある。
   ミチョアカーナ拡大当初、メキシコでロゴ管理がしっかり行われていたとも限らないので、
  ②の支援店、系列店でもロゴが微妙に違うかもしれない。
③ 本家ミチョアカーナとは全く関係がなく、ロゴだけ勝手に使用している店がある。
④ ③の店に流通させるカップに印刷するため、カップメーカーが両手にパレタ(板状アイス)を
  持ったロゴを考案したと思われる。
⑤ ④のカップが流通を始め、本家ミチョアカーナと全く関係のない店が
     ④のロゴを拝借しはじめたと思われる。
⑥ そしてメキシコ全土に「ミチョアカーナ」が乱立し、どれが本物だかニセモノだか
   わからなくなったのが現在の状況である。

↓ちなみに、アメリカで販売されているミチョアカーナ・アイスのサイトはこちらです。
Paleteria la Michoacana Inc.
昨日から見てきたロゴたちと「似てはいるがどれでもない」…という一大事(笑)

しかし、2005年のLatin_KNOWの記事によりますと、
アメリカ、カリフォルニア州のミチョアカーナは本家ミチョアカーナとは無関係の会社が
アメリカでこのロゴを商標登録したということですから、これは本家のロゴではないでしょう。

このブログをご覧になっているメキシコ在住の皆様。
ご意見お待ちしております。
また、「これが本家ミチョアカーナのロゴ」という確信がある方、
ご連絡をお待ちしています。

私の意見は次のとおりです。
  「ロゴや経営は違えども、どのミチョアカーナもおいしいアイスを売っている」
本当に、メキシコのアイスクリームは美味でございます。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(撮影場所:メキシコ、ウルアパン、パツクアロ)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

解決していないこと~ミチョアカーナ問題(長編) no.1

てんみんが度々訪れているメキシコという国ですが、
いつもいつも疑問に思ってはいるものの解決していないことが多々あり、
そのうちのひとつに「ミチョアカーナ問題」というものがあります。

ミチョアカーナ(Michoacana)とは、日本のガイドブックや雑誌では
「メキシコでチェーン展開しているアイスクリーム屋」、
「ミチョアカーナというアイスクリーム屋がおいしい」というように紹介されます。
確かにそれは間違いではありません。

MEXICOLOR:メキシカン・アイス再び
↑こちらの記事の後半に記載されているミチョアカーナについての話も納得できます。

しかし・・・。

1606_1_500t_3

「あっ!ミチョアカーナだ!」と思って
近づきますと、ロゴに違和感を感じます。
右下に「M.R.」という文字が記載されていて、
しかも微妙に「MICHOACANA」の文字が
太くなっています。

ここは本物の(?)ミチョアカーナなのでしょうか?
1606_2_300s_5
このお店で使われているカップのロゴは
看板のロゴと異なります。
女の子が両手にパレタ(板状アイス)を
持っています。1606_3_500

こちら(上)は影をつけて浮き出し気味のデザインです。
ゴールドの円をバックに「Tocumbo」のラベル付き、「M.R.」なしタイプ。

1606_4_400t このロゴ(左)は、「M.R.」がついていて(位置は外枠)、
「natural」の後にピリオドがついています。
そして、なんといっても、「MICHOACANA」の文字が
時計回りにずれています。

プラスチックの看板の下に、壁に直接ロゴマークを
描いていた形跡も見受けられます。

1606_5_400s

こちらは角ゴシックタイプの「MICHOACANA」です。
女の子の顔に鼻と口がつき、着ているシャツも襟付きボタンシャツになりました。
アイスクリームも3段重ねで、注目すべきは左手にパレタを持っていることです。

・・・明日に続く・・・

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(撮影場所:メキシコ、グアダラハラ、ウルアパン、パツクアロ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

金ちゃんの災難!?

R1605_1_600

ハナは水草を育てている容器の水を飲むのが大好きです。
そして、とても寒かった2007年-2008年の年末年始のことです。

R1605_2_600

ベランダで飼っている金魚の金ちゃんが冬眠中に凍ってはいけないと思い、
(母が)部屋の中に入れてあげました。
でも、心臓にはちょっと悪い場所だったかしら…?

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

シエラッ!!

R1604_600

先日ご紹介した、ラパスでの「シエラ(Sierra)釣り大会」ですが、
2006年の大会の時は「シエラってどんな魚なのだろう?」、と思っていました。
スペイン語と英語で説明されても、全く想像がつきませんでした。

そして2007年のある日のことでした。
バハ・パラダイスのラロさんとダイビングしていた時、今まで見たことのない魚が
ダイビング・ポイントをうろうろしていました。
ラロさんの顔を見ますと、嬉しそうな顔をしながら釣竿のリールを引くジェスチャーをしています。

そうです。
この魚が「シエラ(Sierra, Scomberomorus sierra)」だったのです。
サワラの仲間ということもわかり、謎が1つ解けてスッキリしたのでした。

=====================================================2007年11月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm  撮影場所:メキシコ、ラパス)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

チャラとフェデリコ

R1603_1_600t

今年の実家の書き込みカレンダーは姉が買ってきた「マンハッタナーズ」です。
1月の絵柄を見てびっくり仰天!
作家の久下貴史さんの愛猫「フェデリコ」=我が家の「チャラ」!?
しかも絨毯の色まで似ています(笑)。
単なる偶然ですが、ちょっと嬉しいお正月でした。

本年も皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »