« K.S.さんに捧ぐ | トップページ | シグナル・ブレニー物語 no.1 »

2007年11月14日 (水)

ささったら痛そうです。

R1555_700

もう一種類はただの(?)カツオドリ(Brown Booby, Sula leucogaster )です。

海の中で「ドンッ!」と何か大きな音がしたので、あたりをキョロキョロと見回すと、
私のすぐ横でカツオドリがイワシの群れにすごい勢いでつっこんでいました。
私の頭につっこまなくてよかった・・・と胸をなでおろしたのでした。

=====================================================2007年9月の写真より

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(キャノン30D, EF100-400mm IS  撮影場所:メキシコ、ラパス)

|

« K.S.さんに捧ぐ | トップページ | シグナル・ブレニー物語 no.1 »

コメント

そういえば、葛西臨海水族園では驚きました。
が、しかし、今シーズンのラパスでは日常茶飯事だったりして…。
今日も海の中で海鵜が魚をおっかけて潜っているのを見ました。
10秒から20秒は水中で泳いでいたりします。
うーん、こんな環境に慣れてしまっている自分がちょっと怖かったりして。

投稿: てんみん | 2007年11月16日 (金) 15:19

海ん中に突っ込んで魚を捕るっていえば、
その昔、葛西水族館で一緒に見たウミガラスを思い出さない?
空も飛んで水中も魚を追っかけて泳ぐなんて、
ヤツらには本当に驚いた。。。

投稿: ☆hermana☆ | 2007年11月16日 (金) 15:13

☆hermana☆さん、こんばんは。
なるほど、そういうことだったのですね。
調べてくださって、ありがとうございます。

投稿: てんみん | 2007年11月16日 (金) 13:11

どうして?って言われると調べずにはいられない。。。
名前の由来ですが、ある方のブログを参照するところによると
「カツオに追い詰められた小魚を食べに集まり、
カツオ漁の漁師達がその鳥山(群)を漁の手がかりにしたことから
カツオドリという名前がついたようです。」
とのことだそうです。

投稿: ☆hermana☆ | 2007年11月16日 (金) 10:13

sakurakoさん、こんばんは。
カツオドリはカツオは捕らないようです。
カツオといっしょになって、イワシの群れにつっこんでいました。
どうして「カツオドリ」っていう名前なのでしょうね。

投稿: てんみん | 2007年11月15日 (木) 13:54

カツオドリはカツオは
捕らないのですか?

投稿: sakurako | 2007年11月14日 (水) 20:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175504/17021587

この記事へのトラックバック一覧です: ささったら痛そうです。:

« K.S.さんに捧ぐ | トップページ | シグナル・ブレニー物語 no.1 »