« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月30日 (月)

たんぽぽ広場

R1079_700t

たんぽぽの綿毛の1つにつかまって空をふわふわ飛んでいく。

そんなことは現実にはおこらないとはわかっていても、
この広場でお昼寝したら、夢の中できっと。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm  撮影場所:福岡県筑紫野市)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月29日 (日)

石楠花の谷

R1387_700t

石楠花(しゃくなげ)の花が咲き誇る谷を頂上目指して登って行きました。
「・・・の谷」というのは、ワクワク・ドキドキ、なにかがありそうな雰囲気を持っています。

風の谷(ナウシカ)、ゲルドの谷(ゼルダの伝説)、王家の谷(エジプト)、ムーミン谷(ムーミン)・・・。

周りが囲まれた地形であるせいか、ひっそりとした(隠された)場所が、それで埋め尽くされている、
または向かい合うことを避けて通れない、というイメージがあるのでしょう。
列挙した例の「谷」の部分を「丘」に変えると、全然違ったイメージになってしまいます。
ムーミン谷ですと、全部で100ムーミンぐらいが住んでいそうですが、
ムーミン丘ですと、1000ムーミンぐらいは住めそうです。

おや?脳の回路が変な方向へ行ってしまいました。
いずれにしても、石楠花の谷ハイキングは楽しいものでした。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm  撮影場所:福岡県筑紫野市)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月28日 (土)

絨毯と冠

R1386_700

ぷらぷらとドライブしていると、はっとするようなれんげの絨毯に目を奪われます。
小さいときは家族でれんげ畑にころがって、れんげの冠やネックレスを作ったものでした。
その時はすっかりお姫様気分で楽しいのですが、家に帰り着く頃には、れんげの花は
すっかり萎れてしまっているのでした。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm  撮影場所:福岡県迷子道)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年4月27日 (金)

セジロのタマゴ

R1384_700t

セジロクマノミが自分の身体と同じ色をした、オレンジのつぶつぶタマゴを
大事そうに見つめています。
たくさんの子供たちが無事に旅立てるといいですね。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm  撮影場所:沖縄県チービシ)
*マリンフォト(2007年3月号)チャレンジフォトコンテスト アドバンス部門ノミネート作品

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年4月26日 (木)

あっ、ひっついた!

R1385_700

あっ!ひっついた!
そんなお腹になっても運動する気はないのですね。
カメが迷惑そうな顔をしていますよ。

それにしても、そのお腹・・・何が入っているのでしょう。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスSP-350  撮影場所:沖縄県ケラマ諸島)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月25日 (水)

不精をするから・・・

R1383_700

丸々と太ったコバンザメ君。
いつも他の魚にひっついて移動するなんて不精をするから、そんな身体になるのですよ。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスSP-350  撮影場所:沖縄県ケラマ諸島)

このブログを始めて今日でちょうど1年が経ちました。
皆様の応援があってこそ、今まで継続することができました。
本当にありがとうございます。
これからも引き続きお楽しみいただけると幸いです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

ビロードのドレス

R1382_700

あら、ハタタテハゼさん、今日はパーティでもあるのですか?
ビロードのドレスを着て、顔にはスパンコールを散りばめて。
その表情からすると、かなり気合が入っているようですが、笑顔の方がいいんじゃないでしょうか。

え?その怒ったような顔が人気なのですって?
それは失礼いたしました。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm  撮影場所:沖縄県ケラマ諸島)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

笑うサカナ

R1111_700

ダイバー達の注目を集めるのは、一般的に熱帯魚と呼ばれるカラフルな魚達。

しかし、なんてことのないこんなサカナでも、写真を撮って欲しいと思っているらしく、
とびっきりの笑顔で自分をアピールします。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスC-3040ZOOM  撮影場所:メキシコ、コスメル)

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2007年4月22日 (日)

ノスタルジック門司港 no.7

R1381_700

この素敵な建物は何でしょう?
「あれ?見たことあるぞ」と思われた方も多いと思います。

この建物は門司港駅の駅舎です。
大正3年に建築され、国の重要文化財ですが、もちろん今でも現役です。
大正・昭和を時代背景にした映画やドラマで、この駅舎を使ったシーンが数多く登場します。

さぁ、時間はもうすぐ夕方の5時。
明日は月曜日だから、そろそろ帰りましょうね。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm, photoshopCS2  撮影場所:福岡県北九州市)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

ノスタルジック門司港 no.6

R1380_700t

フォトジェニックな門司港ですが、写真の被写体としての人気 no.1はバナナマンのようで、
多くの観光客のフラッシュを浴びていました。

なぜバナナ?と思われた方は次の写真をよくご覧くださいね。

R1380_700t_2

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm, photoshopCS2  撮影場所:福岡県北九州市)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金)

ノスタルジック門司港 no.5

R1379_700

門司港は明治22年に開港して、大正~昭和前半にかけて国際貿易で栄えた港です。
門司港レトロ地区にはその時代に建てられたレンガ造りの洋館がたくさん残っていて、
ちょっとしたタイムスリップを味わえます。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm, photoshopCS2  撮影場所:福岡県北九州市)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月19日 (木)

ノスタルジック門司港 no.4

R1378_700

ヴォイジャー号を降りて、はね橋を渡ろうとしましたが、ちょうど橋が上がっていたので、
しばらくその様子を眺めながら待ちます。

すると「恋人の聖地」の表示が!
恋人・・・キョロキョロと辺りに恋人達を探すものの、目に入ってくるのは、
おじさん、おばさん、子供連れのファミリー。
写真右側に写っている2人を見たときは、「恋人か?」と思いましたが、
よく見ますと、親子です。

恋人がいないのに「恋人の聖地」とは如何に?
と思って調べてみますと、「恋人の聖地プロジェクト」なるものがあるようです。

他の聖地も見てみますと、「おお!ここも、ここも、ここも行ったことあるよ!
・・・でも、全部家族か友達と行ったなぁ(苦笑)」

誰もが楽しめる「恋人の聖地」。
GWの旅行先に悩んでいる方は、ご参考にされてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm, photoshopCS2  撮影場所:福岡県北九州市)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年4月18日 (水)

ノスタルジック門司港 no.3

R1377_700

ヴォイジャー号は唐戸市場の港を出発して、関門橋の下をくぐります。
車の道、船の道、電気の道。
人と自転車の道は関門トンネルなので、この写真には写っていません。

R1377_500t

おや、電光掲示板があります。
これはとても大事な船の信号機。

「↓」は潮流情報で、「下げ潮」の意味です。

R1377_500t_2

表示が「↓」から「5」に変わりました。
「5」も潮流情報で「流速5Knot(ノット)」の意味です。

R1377_500t_3

ここの電光掲示板は「T」を表示しています。
意味を想像しますが、ちょっと難しいですね。

「T」は管制信号で、「総トン数10,000トン(油送船にあっては、3,000トン)
以上の西航船があるから、東航船は、運航に注意しなければならない」
という意味です。

以上、関門マーチスからのご案内でした(笑)。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm, photoshopCS2  撮影場所:福岡県北九州市)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

ノスタルジック門司港 no.2

R1376_700t

ヴォイジャー号は門司港と対岸の唐戸市場(下関市)にやってきました。
関門海峡は狭いので、対岸の門司の街並みがよく見えます。
平家の方たちがこの海峡を「泳いで渡れる」と思ったのもうなずけますが、
ここは現代でも船の難所。
関門海峡を航海する大型船は「強制パイロット」といって、
水先人の乗船が義務付けられています。

航海はご安全に。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm, photoshopCS2  撮影場所:福岡県北九州市)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

ノスタルジック門司港 no.1

R1375_700

今週はノスタルジー特集(?)です。

「海が見たいの・・・」の彼女の一言で、雨が降りそうだけれど、
ぶら~り、ぶらぶら門司港へ行きました。
門司港レトロ地区からヴォイジャー号に乗り込んで、関門海峡を約1時間遊覧します。

「おぉ!巌流島!」
「武蔵と小次郎、見える~?」

なんておしゃべりをしていたら、船内に放送される観光解説は全く耳に入りません。
それでも、良いのです。
2人とも楽しい時間が過ごせたのですから。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm, photoshopCS2  撮影場所:福岡県北九州市)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

いい感じ

R1374_700t

真っ青な海の中を漂うクラゲ。
ブルーに溶けてしまいそうだけども、溶けていきません。
存在感がなさそうで、存在感があります。
クラゲがいるからブルーが引き立ちます。

そんな海とクラゲの関係って、なんだかいい感じです。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスSP-350  撮影場所:メキシコ、ラパス)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土)

ある愛の形

R1372_700t

メキシコの山奥の川で水遊びをしていると、一対のトンボがハートの形になっていました。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスSP-350  撮影場所:メキシコ、シエラ・ラ・ラグナ)
*オリンパスフォトコンテスト2006 ラウンド3(テーマ:生きもの)入選作品

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年4月13日 (金)

水玉ドレス

R1371_700t

水玉模様のドレスがおしゃれなブルースポッティド・ジョーフィッシュ(Bluespotted Jawfish)です。
ハイウエストな感じが、今年風でおしゃれです。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm  撮影場所:メキシコ、ラパス)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木)

婚姻色?

R1369_700t

あら、あなたの身体はブルー。
適齢期なのですね。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスSP-350  撮影場所:メキシコ、ラパス)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水)

あなたはシャドウが・・・

R1368_700

あ、ブラウン・チーク・ブレニー・・・じゃないわねぇ。
あなたはアイシャドウの入れすぎかしら。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスSP-350  撮影場所:メキシコ、ラパス)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月10日 (火)

チークの入れすぎ?

R1370_700t

大物天国のラパスの海。
でも、小さな魚たちもなかなか個性豊かで、飽きることがありません。
こちらの魚はブラウン・チーク・ブレニー(Brown Cheek Blenny)。
茶色の丸いほっぺたが愛らしいです。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスSP-350  撮影場所:メキシコ、ラパス)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

Love me tender

R1366_700t

ロスイスロテスのアシカの溜まり場で子アシカと遊んでいると、
人間と同じぐらいの大きさの一匹のアシカが私に近寄ってきました。
しかし、どうも様子が変です。
身体をくねらせては止まり、じっと私のことを見つめています。

「んんんっ!?これはメスアシカ。私に色目を使っているのかな?」

と思い、ゆっくり近づいて、身体を寄り添わせて水中ランデブー♪
「これは愛だ!」
なんてことを思いながら、いちゃいちゃ泳いでいたら、その様子をボスアシカに発見されてしまいました。

ボスアシカがゆっくりやってきて、私の顔の正面で、「あっちへ行け」とばかりに
ガンを飛ばして、くいっ、と首を振ります。

「・・・あなたの女ですか。失礼いたしました」
後ろ髪を引かれながら、メスアシカにさよならをしたのでした。

子アシカとは遊べても、メスアシカと遊ぶにはボスアシカの目を盗まないといけないのだなぁ、
と間男のようなことを考えてしまったてんみんでした。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスSP-350, INON UFL165AD  撮影場所:メキシコ、ラパス)
*地球と海のフォトコンテスト2007 自由部門入選作品

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

子アシカの甘がみ

R1367_700

時は流れて、10月、11月。
泳ぎを覚えた子アシカは仲間同士で遊びだします。
お父さんアシカもこの頃には警戒を解いているので、
子アシカに人間が近づいてもそうそう威嚇しには来ません。

というわけで、姉を体験ダイビングに連れて行きました。
姉はドキドキしながら子アシカの甘がみに胸を躍らせています。

R1367_700_2

ああっ!2匹目も来ました!

「姉ちゃん、今日はジンベイザメにも会えたし、最高だねぇ。」

と、私も大満足なのでした。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm  撮影場所:メキシコ、ラパス)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土)

突進!

R1365_700t

あぁっ!テリトリーに近寄りすぎてしまいました!
お父さんアシカが猛スピードで私に向かってきます!

まずは威嚇だけだったので、あわてながらもテリトリーの外に逃げ出しました。
さすがに体長が3mを超えるお父さんアシカに猛突進されると、心臓がキュッと縮みました。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm  撮影場所:メキシコ、ラパス)
*マリンフォト(2007年4月号)特集「今、水中写真は女性の時代」掲載作品

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

男は黙ってエスコート

R1364_700

ラパスでは7月、8月になると、赤ちゃんアシカがお母さんアシカについて泳ぎの練習を始めます。
お父さんアシカはその周囲に危険なものがないかどうか見回りながら、子供の成長を見守ります。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm  撮影場所:メキシコ、ラパス)
*マリンフォト(2006年12月号)チャレンジフォトコンテスト アドバンス部門ノミネート作品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

ハリセンボン話 no.8

R1363_700

エスピリトゥ・サント島(Isla Espiritu Santo)のキャンプサイトの前の海をスノーケリングしている際、
ゴミを見つけたら可能な限り拾います
(無人島なので、ゴミはほとんどないのですけれど、キャンプシーズンに入ると徐々に増えてきますね)。

しかし、この日は困りました。
ペットボトル(おそらく牛乳用)の底を切ったゴミです。
しかし、自然環境との一体化がかなり進行しています。
さらに、ハリセンボンがその中で休んでいます。

これはゴミなのか、否か。

迷った末に、ゴミかどうかの判断はさておき、
ハリセンボンが寝てるからねぇ。
ということで、そのままにしてきました。

世の中には「グレーゾーン」というものが多々あるものですね。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm  撮影場所:メキシコ、ラパス)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年4月 4日 (水)

ハリセンボン話 no.7

R1362_700

ハリセンボンはよく海の中の窪みで休んでいます。
大きな目に笑ったような口がとても愛らしい魚です。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm  撮影場所:メキシコ、カボ・プルモ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月 3日 (火)

ハリセンボン話 no.6

R1361_700

再びスワニー・リーフでダイビングした日のことです。

My ハリセンボンはいないかな~、と期待してはいたものの、
1度出会っただけのハリセンボンを個体識別できるかどうかはわかりません。
ハリセンボンを見かけるたびに「おいでおいで」をしてみますが、
前回と同じような反応をする個体は見つからず、みんな近寄ると逃げていきます。

「やっぱりな~、あの日はたまたまだよな~」
と思いながらコルテス・ガーデンイールが流れてくるプランクトンを食べるのを眺めていました。

すると・・・、
「あっ!あのハリセンボンだ!(確信100%)」

コルテス・ガーデンイール林の中をふらふらと遊んでいるハリセンボンがいます。
私はすかさず「おいでおいで」をしてみました。
しかし、そのハリセンボンはこちらに一瞬来る様子をみせたものの、引き続き魚林の中を
あっちへふらふら、こっちへふらふらと遊んでいるように泳ぎ続けました。

違う個体かな?
見たときそうだ!って思ったのは何故だろう?
直感って当たってるのかな?
あの意味不明な行動はMy ハリセンボンぽいけど、
他にも遊ぶハリセンボンがいるのかもしれないわねぇ(確信80%)。

ハリセンボンへの興味は尽きません。

ちなみに、ダイバーの方は今日の写真のハリセンボンを見て、
小さい個体に感じられるかもしれませんが、それはコルテス・ガーデンイールが
アジアで見られるガーデンイールよりも大きいからです。
このハリセンボンは普通サイズです。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスSP-350  撮影場所:メキシコ、ラパス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

ハリセンボン話 no.5

R1360_700

ラパスのスワニー・リーフというダイビングポイントでのお話です。

ゆっくり水底近くを進んでいますと、なにやら気配を感じました。
振り返るとハリセンボンがこちらを見ています。
ちょっと面白くなって、手で「おいでおいで」をすると、なんと!
こちらに寄ってきました。

「うわーっ!!本当に来た!(喜)」
私が呼んだにもかかわらず驚いてしまったのですが、
ハリセンボンはそのまま私の横1m辺りを通り過ぎてしまいました。

「なんだ、単にあっちに行きたかっただけなのか」
と残念に思った途端、ハリセンボンが急停止して私の方にに回れ右をしました。
もう一度「おいでおいで」をすると、またもや私の方に寄ってきて、
今度は通り過ぎずに私の側をうろうろします。
それを見ていた他のダイバーも理解に苦しんだ様子で目を見張っています。

「うわぁ~♪ My ハリセンボン♪」
と思いながらも、ガイドさんを見失わないようについていかなくてはいけません。
「バイバ~イ♪」
と手を振ってその場を去るときにはついてこなかったハリセンボン。

ますます謎は深まります。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスSP-350  撮影場所:メキシコ、ラパス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

ハリセンボン話 no.4

R1359_700t

ハリセンボンについて色々と考えをめぐらせたダイビングを終え、
2本目のダイビングをしました。

するとある一匹のハリセンボンと目が合いました。
そのハリセンボンは目が合ったとたんに、私に向かってダッシュで泳いできます。
「え?何?何?ええっ!?」
ダイビングをしている最中に魚が人間から逃げることはあっても、
突進されることは少ない・・・というかほとんどありません。

ハリセンボンの行動に驚きつつも、危険な魚というわけではありませんので、
彼(彼女?)が何をするのか観察することにしました。

するとそのハリセンボンはダイバーの呼吸によってでる泡をぱくぱくと食べ始めたのです。
「あぁ、エサと間違えているんだな」
と納得しましたが、彼は浮上する泡を追いながらパクッ!パクッ!と食べていきます。

「そ、それは、危ないよ・・・」

ハリセンボンに出会ったのは水深15mほどのところでした。
泡を食べながら浮上していったハリセンボン。
浮上するに連れてもちろんお腹に入った泡は膨らんでいきます。
「あれれ?」と思いながら水面にぷっかり浮いてしまうだけですめばよいのですが、
途中で破裂したりしないだろうかと心配になりました。

ガイドさんにその話をすると、「あぁ、よく泡食べてるよ」とのことでした。
遊んでいるのか、学習能力がないのか、これもまたハリセンボンの謎です。

念のため、時々私の空想物語につきあってくれている友人達のために書いておきますが
エイプリル・フールのお話ではありません。

とにかく、ダイバーの皆さん、急浮上には気をつけましょうね。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm  撮影場所:メキシコ、カボ・プルモ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »