« ハリセンボン話 no.1 | トップページ | ハリセンボン話 no.3~それでも僕は生きていく »

2007年3月30日 (金)

ハリセンボン話 no.2~それでも僕は生きていく

R1357_700t

カボ・プルモ(メキシコ)で潜ったときのことです。

一匹のハリセンボンの横を通り過ぎた時、
「ん?何か変だ」と思い、振り返ってよく見てみました。

「あっ!尾びれがない!」

ダイビングをしていると傷ついた魚を見ることはよくありますが、
尾びれがまるごとないパターンは初めてです。

何者かに食べられちゃったのでしょうか。
ちょっと泳ぎにくそうでした。

(どの部分がないのか、昨日の写真と比較してみてください)

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスE-330, ZUIKO DIGITAL 14-45mm  撮影場所:メキシコ、カボ・プルモ)
*マリンフォト(2007年4月号)チャレンジフォトコンテスト アドバンス部門最優秀作品

|

« ハリセンボン話 no.1 | トップページ | ハリセンボン話 no.3~それでも僕は生きていく »

コメント

masayoさん、こんばんは。
ありがとうございます。
水中写真は楽しいですね。

雑誌のコメントでは尾びれについてのコメントが一切なかったので、
「これじゃ、『なんで、ただのハリセンボンの写真が最優秀なの?』って
不満に思う人がいるかも・・・」
と心配していました。
現に私の友人ダイバーもこの写真を見て、
「ハリセンボンかわいいね~」と言っていました。
でも、印刷されてしまったものは仕方がありませんね。


投稿: てんみん | 2007年4月 1日 (日) 20:32

てんみんさんのマリンフォト掲載写真見ました~
アドバンス部門最優秀、おめでとうございます!

ハリセンボンの尾びれきれいすっぽりなくなってるので
ないことに気が付いていませんでしたが、
「それでも僕は生きていく」ってそういう意味だったのですね。
表情もなかなかたくましさを感じさせられます。

投稿: masayo | 2007年4月 1日 (日) 14:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175504/14457742

この記事へのトラックバック一覧です: ハリセンボン話 no.2~それでも僕は生きていく:

« ハリセンボン話 no.1 | トップページ | ハリセンボン話 no.3~それでも僕は生きていく »