« 宇宙へ飛び立つ | トップページ | マグロフィッシングは大漁! »

2006年9月12日 (火)

無人島といっても

R1152_700

キャンプサイトのある島、エスピリトゥ・サント島(Isla Espiritu Santo)を空から見てみました。
無人島といっても、とても大きな島です。
細い水路を隔てて左側にパルティダ島(Isla Partida)、さらにその左にポツンとアシカのコロニーの島
ロスイスロテス(Los Islotes)があります。
どうしてこんな大きな島が無人島なのか疑問に思って訊ねたところ、「水がない」の一言が返ってきました。

おっしゃるとおりです。日本の常識で考えていた私が愚か者でした。
降雨量が極端に少ない、砂漠地帯のバハ・カリフォルニアでは、「島=水がない」ので、
人間は生活できませんね。

にほんブログ村 写真ブログへ ←Thank you for your 1 click a day ♪
(オリンパスC-3040ZOOM  撮影場所:メキシコ、ラパス上空)

|

« 宇宙へ飛び立つ | トップページ | マグロフィッシングは大漁! »

コメント

sakurakoさん、タケコプターですよ(笑)。
と、言いたいところですが、日本へ帰国する際に、飛行機の窓から外を見ていたところ、ちょうど無人島の上空を通りかかったので、記念に撮影しました。

投稿: てんみん | 2006年9月12日 (火) 23:42

あのう・・空からというと・・
ヘリコプターか何かですか?

投稿: sakurako | 2006年9月12日 (火) 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175504/11609026

この記事へのトラックバック一覧です: 無人島といっても:

« 宇宙へ飛び立つ | トップページ | マグロフィッシングは大漁! »