« mamacasco | トップページ | 魚達の棲み家 »

2006年6月26日 (月)

アカククリの群れ

R1068_800

強い潮の中をアカククリの群れがすーっと通り過ぎました。
「さすが、魚だな」と思いながら、私は反対方向に流されていきました。

(オリンパスSP-350, INON UWL-105AD  撮影場所:沖縄県ケラマ諸島)

|

« mamacasco | トップページ | 魚達の棲み家 »

コメント

realさん、ありがとうございます~。
確かに幼魚の時は、黒い身体に赤(というか朱色)の縁取りがあります!
あ~スッキリしました。

沖縄、是非行って楽しんできてください。
本島も良いですが、東京からですと宮古島、石垣島(シーズンによっては久米島も)にも直行便が出ていますので、選択肢は山ほどありますね。

投稿: てんみん | 2006年6月27日 (火) 01:01

おととし美ら海水族館に行ったとき、聞いてみたんですが、幼魚のときは黒くて赤い縁取り(ククリ)があるそうですよ。
今年の夏休みは沖縄にいこうと家族を説得中。

投稿: real | 2006年6月27日 (火) 00:12

sakurakoさん、難しい質問ですね。
アカククリの名前の由来、意味は不明です。

イルカと泳いだことはありますよ。
野生のイルカには2度ほど遭遇しましたが、一緒に泳いだのは、パラオのドルフィンパシフィックという、イルカを飼っているところです。
『クジラが見る夢/池澤夏樹(著)』という本はsakurakoさんと同じ夢を見た人のお話ですので、ぜひお読みになってください。
素晴らしいです。

投稿: てんみん | 2006年6月26日 (月) 23:09

アカククリとはどんな意味があるのでしょう?
どこで語句が切れるのかな?
最後のクリが残るとマロンですが・・(笑)

てんみんさんはイルカと泳いだことありますか?
私はイルカに乗ってみたいと子どもの頃から思っていました。

投稿: sakurako | 2006年6月26日 (月) 22:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アカククリの群れ:

« mamacasco | トップページ | 魚達の棲み家 »