« 梅雨明けしました | トップページ | いくつの卵が孵化できるのだろうか? »

2006年6月22日 (木)

アケボノチョウチョウウオ

R1064_700

アケボノチョウチョウウオの体に斜めに走る黒のラインは、いつ見ても美しいな~、と思います。

(オリンパスSP-350, INON UWL-105AD, オリンパスFL-20  撮影場所:沖縄県ケラマ諸島)

|

« 梅雨明けしました | トップページ | いくつの卵が孵化できるのだろうか? »

コメント

23日の記事にコメントがまた書けないのですが・・↓書きたかったコメントです!

うちでも毎日弱肉強食の世界が繰り広げられて
います。海の中はそれを感じさせないところがいいですね。
うちは毎日生々しいです(汗)
マロンを待ち受け画面にして頂きありがとうございます。昔の携帯画像なのに・・その時はブログをするなど思ってもいませんでした(笑)

投稿: sakurako | 2006年6月23日 (金) 20:24

realさん、そうですよね。
何故、この色、模様である必要があるのでしょう。
海や自然の中で出会う動植物たちの不思議で美しいデザインを見ると、いつも「まいりました」と頭が下がる思いです。
おおよそのお年は想像しておりますが、野宮君や戸川君の話で盛り上がれる人は気持ちが同世代です(笑)

投稿: てんみん | 2006年6月23日 (金) 01:43

しかし、何でこんな綺麗な色である必要があるのでしょう。ウミウシ楽しみです。

黄色とブルーか…
どうしても今日のブラジル対日本を連想してしまう。

ちなみに私はてんみんさんよりけっこう上の世代だと思います。

投稿: real | 2006年6月23日 (金) 01:00

sakurakoさん、私もブルーと黄色の組み合わせが大好きです!
明日もブルーと黄色です。
海の青にチョウチョウウオの黄色は色彩学的に言うと、補色(反対の色)関係にあるので、コントラストが際立ちます。

投稿: てんみん | 2006年6月22日 (木) 20:54

ウミウシ↑がガラス工芸品ですか・・
楽しみにしてます!

私は海のブルーが好きですがその次に黄色が好きなのです。アケボノチョウチョウウオには黄色がありますよね・・

投稿: sakurako | 2006年6月22日 (木) 20:23

meguさん、ドーム兄弟の名前が出てくるとはさすがですね。
チョウチョウウオよりも、不思議でカラフルなウミウシたちの方が本当にガラス工芸品かと思ってしまうかもしれません。
来月あたりに準備しておきますね。

投稿: てんみん | 2006年6月22日 (木) 17:24

アケボノ・・・・これは 生物なのか?
ドーム兄弟か何かのガラス工芸なのか
って 思ってしまいます。
綺麗だね。

投稿: megu | 2006年6月22日 (木) 12:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アケボノチョウチョウウオ:

« 梅雨明けしました | トップページ | いくつの卵が孵化できるのだろうか? »